koewokiku(HPへ)

地域史

2017年2月17日 (金)

「竹島外一島」について4

 杉原氏はその後、「明治4年提出の二つの「竹島(鬱陵島)渡海願」」(2015年8月)を竹島WEB上で公開され、翌年には関連する論文を郷土石見に投稿・掲載され、そこでは自説を補強する事例を発見したとして藤原茂親「竹島航行漁漁願書」を紹介された。藤原は明治2年~3年にかけて、隠岐県、大森県、浜田県の大参事を務めた。隠岐島をめぐる位置づけが、独立した扱いから石見と一括して扱うように変更され、さらに県庁が大森代官所から浜田(浅井村)に移転したことによる。明治2年の隠岐島大惨事の時代は藤原は隠岐に居り、竹島=鬱陵島についての情報を得、明治3年6月には浜田藩大参事を辞職して出身地福岡県に帰り、福岡県士族として願いを提出した。
 島根県、さらに絞れば隠岐・松江では竹島=鬱陵島と松嶋=現竹島について正しい情報を持っていたが、福岡県を含むその他では当時作成の地図の誤った情報により、混乱していたことはすでに述べたとおりである。
 藤原は隠岐県勤務中に「竹島」の存在を知ったと述べている。次いで浜田県大参事時代に大庭善五を実際に「竹島」に派遣し、その上での「竹島」での試験漁業願を明治4年5月に出した。彼は鬱陵島を「松島」とも呼ぶことは福岡県に帰った時点では認識していたが、従来の「竹島」の名称を使用した。6月に追加提出した「竹島再検届」では「小磯竹」または「松島」と日本側が呼ぶのに対して、朝鮮側は「鬱島」と呼ぶことを述べると共に、「小磯島」と呼ばれる巨岩2つ=「現竹島」が隠岐と鬱陵島の間にあることを述べている。彼は隠岐の時点ではこれを「松島」と呼んでいたことを知ったが、福岡では「松島」とは鬱陵島のことであるので、小磯=松島説は誤りであると述べ、自分が申請をしているのが、鬱陵島であることを示した。
 これに対して杉原氏は「明治4年時に鬱陵島を「竹島とか小磯竹とか松島」と呼ぶという認識が茂親にはあったのであり、また後世の論争を見抜いていたかの如く鬱陵島と隠岐の間の2つの島を松島と云うのは誤りとわざわざ説明している」とされたが、このような評価が誤りであることは、これまでの説明を読んだ方には明白であろう。鬱陵島については、その位置はともかくこれが実在するのは確実であったのに対して、現竹島=元松島については隠岐(松江はその情報を入手可能)を除けば、その実在を含めて混乱していた。当方は資料がすべて明らかになった段階で、時間と地域を識別して述べたが、杉原氏は一旦述べた後に新たな資料を発見され、さらに論じられたので困難があったことは理解できるが、系統的理解をするのはそう困難なことではない。
付記:この文は最初に述べたように「少数派」と称する人々に対して感じた問題から書いた。彼らは、1905年のみ問題だとするが、これが一面の真理以上のものではないことも確認する必要がある。国際法が強者の論理であることは知られている。例として、ペリーが来航した際に小笠原を米国領土に編入したケースを考えればわかる。これがあった場合に日本が持つ不満と現在の韓国が持つ不満は同種のものであろう。なぜ鬱陵島の方が隠岐よりも問題の島に近く、行き来(1905年時点。その中には日本人によるものも多数あり)もあったのにというものである。1853年時点の日本は国際法や編入の方法は知らなかった。

2017年2月14日 (火)

「竹島外一島」について3

 第2期の中間報告書(2011年2月)には氏による「明治10年太政官指令‐竹島外一島之儀ハ本邦関係無之‐をめぐる諸問題」が収録されている。ここでは1877年3月29日の太政官指令直前の3月17日に内務省から提出された4号の文書が検討される。当然、細部の検討は内務省で行われ、それを踏まえての決定であった。島根県から提出された資料が添付されなかったのはそのためである。
 この4通の資料には鬱陵島のみについて記されている。そこから氏は「内務省から太政官への伺いや太政官からの指令で「竹島外一島」という表題を用いているもののそれは稟議書によくみられるように元々の島根県の伺いにあった表題をそのまま案件名として利用しただけで、太政官は、鬱陵島が日本と関係ないと指令を出した可能性が濃厚である」と2008年に最初に論じた自論を補強された。
 ついで氏は明治14年の「松島開墾願」を検討され、氏は「松島については最前指令の通りであり、松島開墾は不許可」とされていた資料を発見し、ここから「竹島外一島」が実は鬱陵島のことであることが明確となったとされた。この見解は妥当であろうか。すでに述べたように、政府は「竹島外一島」の中で鬱陵島問題を重視し(その時点でも青森・千葉の人から開発願いが出ていた)、島根県の質問に回答している。「竹島外一島」が二島であった場合、今回の政府の指令が理解できないとされる氏の論が、自分としては理解できない。根拠にはならないことが明確なのである。氏の言われるように明確ならば、従来の見解を変更する研究者が続出したはずである。多くの研究者は根拠に従いこの問題を検討している。日本と韓国の政府関係者はとにかく自国の論を補強するもののみを強調するが、多くの研究者はそうではない。
 ただし、研究者にも思い込みがあり、正しいと思われてきた研究が結果として事実ねつ造していたことは珍しいことではなく、本ブログでも繰り返し従来の研究の問題点を誰でも理解できる根拠を示して述べてきた。杉原氏からは自身の確信が多くの研究者の見解を変えなかったことについて分析し、研究者の誤った思い込みを明確にしていただければ幸いである。ネット上で杉原氏の見解(これはオリジナルなものである)をそのままなぞって自説が正しいとする人がいるため、是非ともお願いしたい。この文も杉原氏の調査・研究を前提としてはじめてまとめることができたものであることは確実であり、氏の作業は大変意味があるものである。自身、高校時代に氏から世界史を教わった経験を持っている。氏の見解について検討したものに竹内猛氏の論文がある(郷土石見)が、その見解は十分学術的批判に耐えうるものと考えるがどうであろうか。

[竹島外一島」について2

 それは氏の論考で紹介された青森県と千葉県の人が明治9年時点で鬱陵島を「松島」と呼んでいるのに対して、10年1月に渡海申請をした島根県の人は「竹島」と表記していることからも明かである。政府の役人のその時点での理解は最初に「竹島」と呼んで島根県に回答を求めており、島根県と青森・千葉の人の中間的なものであろうか。島根県側もその事を踏まえた上で、「竹島・松島」ではなく「竹島外一島」と表記して質問した。これに対して、内務省はとりあえず所持する鬱陵島=竹島に関する情報を集めて、太政官に意見を伺った。島根県の資料で政府も竹島と松島が別の島だということは理解したが、松島=現竹島についてはどこまで理解していたかは不明である。しかし自らが関心のあった過去の状況を踏まえ、「竹島外一島」として二島とも日本とは無関係と回答した。杉原氏の述べるように、鬱陵島のみについて回答したものではない。政府としてはそれで十分であった。そして、それを受け取った島根県は「竹島外一島」は二島とも日本には無関係とすることになる。それでなければ地籍調査の必要性の有無は判断できない。
 次いで、「竹島外一島之儀本邦関係無之について」再考-明治十四年大屋兼助外一名の「松島開拓願」を中心に-」(2009年)では、明治14年の2つの島根県の事例が紹介される。この時点では島根県も鬱陵島=松島として他県の解釈に合わせた形で照会しているが、一方ではこの松島が鬱陵島であることを明確にするため明治10年の竹島のことだとして竹島・松島の表記もしている。以後は島根県でも、鬱陵島を松島と呼んでいく。このレポートでは「明治10年の「竹島外一島之儀本邦関係無之」は、竹島(鬱陵島)と松島(現在の竹島)は日本に関係がないとしたものではなくて、竹島とも松島とも呼ばれている島(鬱陵島)が日本に関係がないとする解釈に分があるように思われる。」と述べるが、一島のみを述べたものでないことはすでに述べた通りである。現在の領土問題の対象である「竹島」について、自国とは無関係でなければ、その旨をはっきりわかる形で述べるはずである。すべては鬱陵島の帰属に関心があり、「竹島」にはあまり関心がなかったのである。それを「竹島」は無関係だと回答したものではないというと、島根県への回答ではなくなってしまう。
  今回の事件の背景として、朝鮮政府が15世紀初め以降継続してきた鬱陵島の空島政策と、この間の日本側の漁業技術の進歩があった。17世紀後半に両国の間で鬱陵島をめぐる対立があった際とは状況が変わってきた。とはいえ、問題の「竹島」での漁業のためには、その拠点としての鬱陵島の存在が不可欠であった。誤解なきように記すと、だから「竹島」も朝鮮領であるとの主張には賛成しかねる。日本人による鬱陵島と竹島への働きかけが、鬱陵島で朝鮮人を雇用した形で進んだことで、朝鮮側の「竹島」への認知度を高めたのである。「竹島」は近代以前は特定の国の領土といえる実態は持たなかった。

「竹島外一島」について1

 これまで竹島問題については、他の論者の意見を読んで、それに対する自分の意見を述べる形であったが、もう少し史料をも読みつつ論じてみることとする。ネットで展開される「少数派」と称する議論に危うさを感じたからである。本人は自己満足のレベルで議論しており、「はだかの王様」の様相を呈しているが、それに説得力があると誤解している人もかなりあるようなので、無視できないところがある(といいつつ、主戦場の中世史に比べるとこちらも修行が十分ではない)。
 その少数派の人々が依拠している(個々の部分で意見は異なる)のが、島根県竹島問題研究会顧問杉原隆氏の論考であるようなので、こちらに関して述べることとする。資料への精通度は杉原氏には及んでいないが、一応の議論はできるとの感触を得た(誤解かもしれないが)。今後、書きながら考えることで、少しずつ自らの理解度は深まってくることを期待したい。杉原氏の論は資料収集に基づくものであるが、その解釈にはなお検討の余地が大きい。
 今回は、この問題について杉原氏が最初に論じた「明治9年の太政官文書−竹島外一島之儀本邦関係無之について−」を検討する(2008年)。ここで杉原氏は政府の使用した「竹島外一島」は島根県の表記を踏襲しているが、その中身は違い、竹島(鬱陵島)と外一島(松島)を島根県が識別して見解を伺ったのに対して、政府は竹島とも松島とも言われた鬱陵島のみを念頭に回答した可能性が大であるとした。
 今回の問題は地籍作成に関して政府が「竹島」について島根県に問うたことから始まっている。政府の担当者が自ら調べる中で疑問を持ち、島根県に回答を求めたのである。島根県からの伺いに十分実態を知らない政府が回答したものではないことが重要である。それを実態を正確に知っている島根県は「竹島外一島」として報告するとともに質問したのである。そしてそれが政府にも理解できるように、政府からの質問への回答ならびに質問(これを①とする)とともに資料(これを②とする)並びに地図を添付した。政府に十分な知識がなく混乱していたことは十分踏まえつつ、自分たちが必要な回答を政府がするように「竹島外一島」として異なる二島(一つは政府におなじみの、もう一つは政府になじみが薄い)について質問したのである。島根県側は竹島を隠岐から「乾位120里許」、外一島の松島を、竹島と同一線路=方角で隠岐から80里許としており、これに地図を合わせれば、政府がその関係を理解できないことは考えられないし、疑問があればさらに質問したであろう。
 これに対して、杉原氏は島根県が提出した資料にも竹島と松島の間で混乱が見られるとするが、その評価は妥当だろうか。それは氏が「大屋甚吉が漂着したのは竹島だから竹島も松島も鬱陵島を意味」と記した部分である。資料②では最初に竹島について説明し、次いでそれとは明らかに別の島として松島を説明する。ただし中心は竹島で、松島はその関係島嶼であった。松島の記事に続いて「永禄年中」以下の記述がある。これを杉原氏は松島に関する記述とされるが、そうではなく以下はすべて竹島の説明である。それは回答并質問①を見れば明らかである。よって杉原氏の「 」内の評価は誤りである。島根県側は両者を正確に識別している。

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ