koewokiku(HPへ)

« 伯耆守平国盛2 | トップページ | 嘘も積もれば‥‥ »

2021年5月13日 (木)

出雲守季仲について3

 これについては、出雲守季仲は存在せず、高階重仲の誤りだとする大日方克己氏の説を批判したが、もう少し補足しておく。
 大日方氏は天仁元年(実は改元前の嘉承三年)二月二二日に山陵使として嵯峨に派遣される予定であった「元使出雲守藤原季仲」を大日本史料の編者の注記のように顕頼の誤記とするが、顕頼はその一月前に補任されたばかりであることと、「顕頼」を「季仲」と誤記する(即位雑例条々兼日に収録する際)ことは考えられない。柏原に派遣される予定であった「元使下野守源朝臣経兼」、村上に派遣される予定であった「元使肥後守藤原為宣」はそれぞれ「前下野守」、「前肥後守」の誤りであり、「前出雲守」の誤りならありうることである。また「出羽」と「出雲」を誤記した例は存在するので、本来は「前出羽守藤原季仲」(前述のように出雲守退任後しばらく間を置いて出羽守に補任されている)ではなかったか。実際に、嘉承二年八月一七日には尊勝寺等七ヶ寺に没後四七日(初七日に対する表現。五七日の御誦経使は二三日に派遣)の御誦経使が派遣されているが、堀河天皇の埋葬地となった香隆寺に派遣されたのは「前出羽守季仲」と式部少輔有元であった。
 もう一点、大日方氏は重仲の死亡記事に出雲守に補任された八年後に任中公文を済ましたと記されていることをあげるが、これはイコール八年間在任したことを意味しない。寛和五年に季仲の見任が確認できるが、この年の内に重仲と交替しておれば、死亡記事に適合するのである。

« 伯耆守平国盛2 | トップページ | 嘘も積もれば‥‥ »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伯耆守平国盛2 | トップページ | 嘘も積もれば‥‥ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ