koewokiku(HPへ)

« 徳大寺公能の母をめぐって | トップページ | 紀伊守藤原親能1 »

2021年1月24日 (日)

新たなPC

 久しぶりにヤフーオークションでPCを落札した。1台目はNEC製のデスクトップで、2019年前半に発売されたものである。CPUはcore i 3-8100で、HDDは1TBというものであった。メモリーが16Mと多く、HDDは手持ちのSDDに交換する予定であった。SDD内蔵ものよりHDD内蔵の方が値段は安い。CPUも可能ならcore i5に交換したいが、第8世代以降はCPUの性能がアップしている。本体のみで、キーボード、マウス、DVD、マニュアルはない。札幌市の業者から購入したが、状態は新品同様である。
 早速、ネットでこの機種の分解やHDD交換について検索するが、実例がみつからず、ケースの開け方すらわからなかった。なんとかNECのサイトにマニュアルがアップされていたが、製品添付は簡易版で、この詳細版を参照してようやく内部を確認できた。ただし、DELLの業者向けのサービスマニュアルほど詳しくはない。結果として1TBの3.5HDDが2台内蔵され、RAIDの設定となっていたようだ。その内の一台をSDDに交換した。当初パソコン上では2台ではなく1台のみ表示されていた。このあたりはRAIDが初体験なのでよくわからないが、SDDが0.48TBのサイズなので、HDDの利用サイズをそれ以下に縮小した上で、システムを複写した。無事に立ち上がったが、今度はSDDとHDDの2つが表示されていた。
 2台目はSurface Pro4で2015年の製品である。以前、HuaweiのノートPCを購入した際に検討したが、値段が高かった。今回は中古なので大変安く、且つ程度は良好である。会社のレンタル期間が終了したもので、盛岡市の業者から購入したが、あまり使われなかったようだ。12.3インチ、2736×1824はやや小さい。HuaweiのPCは13.9インチで3000×2000という解像度であった。これもタイプカバーやペンは付属しないので安かった。ジャストシステムから購入したあまり使用していなかった折りたたみ式のキーボードを接続したが、ロジクールのマウスを接続すると競合するようで動作が不安定になった。キーボードもロジクールのものに変更すると、問題がなくなった。PCで利用していたが、購入後一年をすぎた頃から接続が不安定になったため、使用していなかった。2台あって、うち一台にはキーボードスタンドがありキーボードのストロークもあるが、横置きが可能なのは10インチのタブレットまでである。もう一台はノートPC並にストロークが浅い。早速ネット接続のスピードを確認すると、aの利用で300程度で無線としては十分速い。
 メインではなく、主にPDFや画像ファイルの閲覧に使うが、高解像度なので、ワープロの横40字や縦52字の表示でも使える。この原稿は前者のモードで入力した。タイプカバーやペンは不要であるが、マウスの携帯は必要か。図書館ではHuaweiがメインで、サブとして使用する。Huawei用に10インチ2560×1600の外付け小型モニターもあるが、バッテリー内蔵ではなく、PCのバッテリーを消費するので、その出番は3画面で利用する時がメインであろうか。外付けの携帯バッテリーはあるが、配線が必要となる。今回の費用は送料込みで2台合計5万円である。後者のはオークションでは3000円引のクーポンが利用可能であった。使いこなせば安い買い物となる。

« 徳大寺公能の母をめぐって | トップページ | 紀伊守藤原親能1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳大寺公能の母をめぐって | トップページ | 紀伊守藤原親能1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ