koewokiku(HPへ)

« 藤原顕長について2 | トップページ | 藤原範季の花押 »

2020年12月13日 (日)

新型コロナ感染状況

 韓国でも新型コロナ感染者が急増し、一二日には最多の一〇三〇人となった。人口を勘案すると、日本の二五〇〇人に相当する。一方PCR検査数は、一二日は曜日の関係で減少し、一一日の三八六五一件から一三九二〇件減少したようだ。日本の最近の検査数をみると一一月二五日の四五九一七件が最多で、件数だけなら韓国を上回っている。ただし、人口を勘案すると韓国(日本の約40%)の半分程度にとどまっている。日本の検査数も曜日によっては減少し、一二日の一週間前の六日は一三六四五件にとどまっている(データはNHKの専用サイト=厚生労働省オープンデータよりとある=に基づく)。
 これをみてGOTOキャンペーンが原因ではないとする辛坊氏のような暴論もあるが、問題は人の動きの程度がどこまで制限・コントロールされているかである。地域別にみると韓国では北部に位置する首都圏の割合が四分三を占めている。人の動きの多さと気温の低さが関係していよう。日本の場合は東京、神奈川、埼玉を合計すると一〇〇〇人を超え、全体の三分の一弱である。日本の方が感染の広がりが大きい事は一目瞭然である。GOTOキャンペーンを一時的に停止しないかぎり、キャンセル料がかかるため、人々は首都圏とそれ以外の地域を移動する。この流れを止めるのが先決である。ヤフーのデータで直近1週間と思われる都道府県の感染者をみると秋田県の二が最少で、ゼロの地域はない。気温が高い九州でも福岡県を中心に感染者は急増している。
 外国人の入国規制を緩和したことが感染増加の原因だと主張する人は、そのもととなるデータを示さないと、単なるうそつき(デマゴーグ)になってしまう。

« 藤原顕長について2 | トップページ | 藤原範季の花押 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原顕長について2 | トップページ | 藤原範季の花押 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ