koewokiku(HPへ)

« 藤原隆輔の周防守補任1 | トップページ | 後白河院分国周防 »

2020年11月29日 (日)

藤原隆輔の周防守補任2

 早世した隆教に替わって嫡子となったのが、顕隆の嫡子顕頼の娘を母とする信頼であった。とくに保元の乱後は、後白河天皇の寵臣として、急速に昇進している。隆親の後任信説は信頼の同母弟であり、今回の人事は信頼関係者の小規模なものであった。『兵範記』『公卿補任』に二一日の記事はなく、この日に除目が行われた可能性は低い。保元三年五月六日には臨時除目が行われ、隆輔が「行幸鳥羽賞」で正四位下に叙せられ、信頼も「陸奥造営賞」で従三位となっている。四月二六日から五月三日にかけて後白河天皇が鳥羽殿に行幸した事に伴う除目であった。従三位に叙せられた藤原親隆(『兵範記』の記主平信範と同様に摂関家家司であった)は同日夜に子為親、為綱以下の関係者を引き連れて慶賀のために関係先を訪問している。二一日の除目については『兵範記』にはみられないが、『公卿補任』には、中納言兼左衛門督花山院忠雅が弟中山忠親を右少将から左中将に昇進させるために左衛門督を辞任したことにともなう除目が行われている。これに伴い権中納言源雅通が右衛門督から左衛門督に転じ、権中納言兼左兵衛督藤原光頼が右衛門督に転じ、空席となった左兵衛督には参議藤原信頼が起用された。これも信頼を昇進させるための玉突き人事であろう。そうした中で、周防守が家明から同母兄で中務大輔であった隆輔への交替がなされたのであろう。
 『大日本史料』分には隆輔が中務大輔を止められた記事はないが、公卿補任承安三条には保元二年五月二一日の周防守補任に続いて「止大輔」とある。隆輔の経歴を記した公卿補任には混乱が見られ、三年五月二一日に隆輔と家明の間で周防守と中務大輔の相博がなされたと思われる。中務大輔家明の所見は『山槐記』応保元年一二月二一日条である。本来、中務大輔は正五位下相当であるのに対して家明は保元二年次には最高でも従五位上であったと思われるが、美福門院(一一六〇年一一月没、月は旧暦)と母方の祖父清隆(一一六二年四月没)が健在であった時点の家明なら中務大輔補任は十分ありうる。兄隆輔と実清は叙爵時には蔵人で、美福門院の寵臣となった実清がその二年後に一五才で女院分国越前の国守となったのに対して末弟家明は叙爵と同時に周防守に補任されるという特別扱を受けている。ただし、美福門院の死後、その分国の国守となった人物は同じ兄弟であっても明暗が分かれている。
 『山口県史』の担当者がなぜ保元二年説を採用したかは不明であるが、五味氏の研究もあり、スタッフに院政期の専門家がいれば、これまで述べた検討は可能であったろう。

 

« 藤原隆輔の周防守補任1 | トップページ | 後白河院分国周防 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原隆輔の周防守補任1 | トップページ | 後白河院分国周防 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ