koewokiku(HPへ)

« 嘉禎四年、宝治元年の守護2 | トップページ | 洪水の影響と検地帳 »

2020年7月17日 (金)

七月の近況から

 囲碁本因坊戦に続いて将棋棋聖戦が終了した。ともに予想通りの結果であった。当方は中味はわからないが、最近の成績から普通の予想を行っただけである。現在の藤井七段に八大タイトル戦で勝てるのは、好調時の豊島、渡辺両二冠ぐらいであろうか(絶好調時ならあと数人いるか)。両者とも強いが調子のムラないしは波がある。昨年二月一九日に朝日杯決勝で藤井七段が渡辺二冠と対戦した時点では好調だったが、それでも藤井七段が勝利していた。最年少記録達成には本人の才能・努力、ならびにAIによる研鑽が大きいが、一方ではそれを阻む覇者がいないことがある。谷川、羽生、渡辺とほぼ一〇年毎に覇者が登場したが、20代半ばには強い棋士はいても覇者はいない。大器晩成型の20代の覇者の登場、あるいは同世代のライバルの出現がまたれる。なお、藤井七段の二敗(一四勝)は棋聖戦の一敗と、王座戦二次予選決勝の大橋貴洸六段戦の一敗である。大橋六段はランキング一五位(六段としては破格)だが、今年は一〇勝二敗と好調で、藤井戦の勝利は驚くほどのことではなさそうである。今の藤井七段に勝利可能なのは、実力者か若手で好調な棋士である。
 囲碁は井山三冠が好調のため、芝野・一力両者も歯が立たない。芝野三冠誕生時は井山三冠は不調であった。今後の予想は難しいが、今年の内は井山一強が続くであろう。一力八段も碁聖戦でタイトルを獲得すれば、過去の加藤正夫九段、小林光一九段のようにひとかわむけるかもしれない。
 昨夜は東京都コロナのデータ入力で、訂正箇所が多かった。新規感染者こそ二四時間で新たに判明した数なので変わらないが、その他は次々と新たなデータが入り、過去に遡って更新されている。現時点では最多検査数は七月一三日の4712である。これに対して一二日は706でしかない。1週間では月曜日が最多で日曜日が最少という状況が続いている。これに対して報道で使用される検査数には曜日による特色はみられない。検査数と感染者のデータは〆切が異なるのでかならずしも連動していない。検査で陽性となった人の数と全体の検査者数(これは検査数とはズレがあることは前述のとおり)の割合が感染率で、一日ではなく一週間でみないと変化がわからないという考え方は正しいが、一方では日々の変化もみなければならない。七月では検査者数が872と最少(その後一二日が更新)であった五日が感染率10.6%と最高となったが、検査者数4084の一三日が3.9%と低かった。一四日に続いて一五日も上昇し、検査数3083で244陽性と感染率7.9%となった。ネットの情報によると東京都足立区がもっとも分析できるデータを公開しているとのこと。
 GO TO トラベルキャンペーン前倒しが発表されたのは七月一一日だったようだが、七月七日以降の感染率は明らかにそれまでより上昇しており(データが最少の五日を除けば5.2%が最高だったが、七日以降はデータが最多の一三日以外はすべて5.2%を越えている)。政府関係者がデータを無視して決定したものである。あいかわらず愚かな側近とその意見を判断できない無能な指導者である。側近は指導者よりある意味では月とすっぽんほど優秀であろうが、都合の良いデータを優先して考えるため、誤った立案をしてしまう。AIの登場により人間の認識の限界が露呈している。将棋では詰むか詰まないかにはなお課題があるようだが、その他でははるかに人間を凌駕している。限界を認識させられるのは良いことであり、正しく向き合っていけば良い。キャンペーンの方針の再変更は悪いことではないが、その変更は政府関係者がみずからの責任をのがれるためのもので論外である。
付記:よくわからないのが、医療機関による保険適用の検査数である。東京都は6月18日からこれを加えるようになり、後には5月7日まで遡って検査数に加えた。ただし、加えるようになって、明確に増えたとは思われない。現在でも神奈川県等は加えていない。日経のデータで最近になって検査数が急増したのが埼玉県で、7月14日の約2800であるが、埼玉県のサイトをみると7月16日の延べ検査数は前日比+948とあり、日ごとの差が大きい。5月前半の感染のピーク時の最多は2000弱である。

« 嘉禎四年、宝治元年の守護2 | トップページ | 洪水の影響と検地帳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嘉禎四年、宝治元年の守護2 | トップページ | 洪水の影響と検地帳 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ