koewokiku(HPへ)

« 楯縫郡の地頭2 | トップページ | 源行真申詞と近江国佐々木庄1 »

2020年5月 7日 (木)

楯縫郡の地頭3

 朝山氏惣領が一四世紀末に活動の拠点を畿内に移した後の状況は隣接する三津庄地頭職とともに不明であるが、文安六年二月九日朝山禅朝譲状には不知行地を含めて記されているが、三津庄はあっても東西郷はみえず、これ以前に庶子家領となっていたと思われる。
 文永八年の玖潭社地頭玖潭四郎は大伴氏系図に在国司朝山昌綱の従兄弟としてみえる勝部宗綱である。観応元年八月の合戦では幕府方として玖潭彦四郎がみえる。その後、文明七年一二月一四日には塩冶政通が知行地である久多見保を朝山八田肥前守が質券の地として数年間押領していることを訴えている。この久多見保は玖潭社と同一所領と思われるが、塩冶氏が得たのはその地頭職である可能性が大きい。これに対して玖潭氏が属する勝部宿祢一族の惣領朝山氏の一族が干渉を加えていることになる。
 補足であるが、鎌倉期以降の佐陀神主は大原系であり大伴氏系図に載っているが、それ以前は神門系、仁多系いずれの可能性もある。承久の乱までは神門系の勝部資盛(意宇郡出雲郷司)が勝部宿祢一族の惣領であった。大伴氏系図には西長田郷地頭しかみえないが、それは長田郷が本来は神門系の所領で、文永八年の東長田郷と枕木保地頭長田蔵人は神門系であろう。佐陀神主も平安末期までは神門系とするのが妥当であるが、一方で、近世の地誌『雲陽誌』には永正17年(1520)に名分村の恵美城主「仁田右馬助」を佐陀神主が滅ぼしたと記される点が気にかかる。仁多系の惣領仁多氏の活動が確認できるのは観応二年八月二二日に須和部三郎入道が、幕府を離脱した山名氏と結ぶために三刀屋郷石丸城で旗揚げした際の参加者に「仁田彦四郎」がみえるのが最後である。佐陀神主が本来、仁多系であったがために、恵美城を仁田右馬助が拠点とできた可能性がある。
   平田保地頭多胡氏については斐伊川問題の記事で述べたので省略する。万田本庄と新庄の文永八年の地頭は大伴氏系図にみえる万田二郎太郎家光と万田七郎元光である。家光の父明政については多久郷で述べた。元光は明政の兄弟である。万田庄の立券時の問題についても前述の通りである。それが弘安四年五月二三日に六波羅探題北条時国が万田新庄内大社神田一町を杵築大社社家に寄進している。この文書は『鎌倉遺文』で「左近将監直朝書下」と誤読され、『大社町史』史料編でも踏襲された。これに対して三一年前に『竹矢郷土誌』中世の項で、これが六波羅探題時国の寄進状であることを明らかにした。ところが「島根県中世史史料集成・史料目録-鎌倉遺文-」(島根県古代文化センター) ではいぜんとして「直朝書下」とされたままである。南北朝遺文目録でもそうだが、明白な偽文書や年代比定の誤りも放置され、「山名高義寄進状」「高岡高重願書」もそのままである。「信頼性・正確性は利用者の責任」としているが、そうならばこの目録は不要である。専門家には不要で、それ以外には利用不可能なものなど存在意義がない。適宜更新し、最新のものでなければならない。

 

« 楯縫郡の地頭2 | トップページ | 源行真申詞と近江国佐々木庄1 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楯縫郡の地頭2 | トップページ | 源行真申詞と近江国佐々木庄1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ