koewokiku(HPへ)

« 飯石郡の地頭1 | トップページ | 楯縫郡の地頭1 »

2020年5月 6日 (水)

飯石郡の地頭2

 六波羅探題北方は寛喜二年に北条重時が就任し、その後も嫡子長時、庶子時茂、嫡孫義宗と極楽寺(重時)流が続いたが、評定衆に転じた義宗の後任は政村の子時村であった。逸見氏は重時流のもとで和泉国守護名代を務め、時村が守護となった際も代官に起用されたのであろう。この逸見六郎有綱が熊谷郷地頭と同一人物であろう。逸見氏の熊谷郷地頭補任は鎌倉初期ではなく承久の乱後であろう。
 その後、熊谷郷は上下に分かれ、上郷は最後の得宗高時の母に比定できる「相模禅尼」領に、下郷は逸見氏領として維持されている。ともに室町幕府のもとでも維持されたが、明徳の乱後、上郷は幕府御料所となり、下郷は逸見弥六当知行分が守護京極氏から三刀屋氏に給恩として与えられている。弥六が山名満幸に与同したためであろう。
 承久新恩として三刀屋郷地頭に補任された諏訪部氏は越後国佐昧庄内の一分地頭であった。三刀屋郷の文永八年の田数は二一町であるが、中山間地に立地するためその領域は現在の雲南市三刀屋町の半分以上を占める大規模国衙領であった。その位置も近世初期に堀尾氏が松江城とともに三刀屋城を整備したように、斐伊川中流域の要地を占めていた。そのため諏訪部氏は早くから三刀屋郷内に入部し、郷内の開発を進め、その結果、惣領三刀屋氏と庶子佐方氏の間で境界をめぐる対立が生じていた。三刀屋町南部の飯石郷は一二世紀半ばに崇德天皇の御願寺成勝寺に寄進されたが、後に国衙領に戻されている。武蔵国御家人目黒左衛門入道であった。建久元年に頼朝が上洛した際の御陣の随兵に「目黒弥五郎」がみえ、承久の乱での手負い人の中に「目黒小太郎」がみえる。南北朝初期には目黒太郎左衛門尉が三刀屋郷への押妨停止を命じられ、摂津国頭陀寺地頭として目黒弥太郎がみえる。目黒氏の飯石郷地頭補任は承久新恩であろう。
 以上のように大原郡と境を接する飯石郡北部は東国御家人が地頭となっていたが、南部では鎌倉以前からの国御家人が地頭であった。多祢郷と日倉別宮地頭多祢(頼重ヵ)は勝部宿祢一族で惣領朝山氏に次ぐ位置にあった。来島庄(田数二〇町)地頭来島松助入道は北側に接する神門郡伊秩庄(六〇町四反三〇〇歩)の地頭でもあったが、両庄の庄園領主は不明である。石清水八幡宮領赤穴庄(田数五〇町二反六〇歩)地頭赤穴太郎は平安末期に赤穴庄が立券された際に下司として派遣された社家の一族紀氏の出身である。いずれの庄郷も広大な領域を有していた。

« 飯石郡の地頭1 | トップページ | 楯縫郡の地頭1 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飯石郡の地頭1 | トップページ | 楯縫郡の地頭1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ