koewokiku(HPへ)

« 無線ルーター | トップページ | 日野俊基と石見国1 »

2020年4月11日 (土)

延宝六年湊町屋敷帳

 県立図書館の蔵書検索を旧十郡毎にしていたら、「延宝6年 神門郡 町屋敷帳」がヒットした。未知の史料であり、請求すると「湊町屋敷帳」であった。林七兵衛(俗に初代大梶七兵衛)が中心となった荒木浜開拓の中心として設けられた新たな町(湊原新町ともいう)である。天和三年(一六八三)七月に松江藩の役人岸崎佐久次から、神門郡下郡二名と林七兵衛宛の命令書には「西園寄荒木ノ内エ五拾五軒渡り屋敷」とみえるが、延宝六年(一六七八)の屋敷帳には、大小七二軒の屋敷が記され、最大(他の平均の五倍の面積=二反弱)の林七兵衛屋敷のみ御役御免であった。五五軒との違いの原因は不明である。七兵衛が開拓のためこの地に入ったのは延宝五年とされている。
 その立地と構造についてはよくわからないが、「横町東口」二四軒、「東小路面」一三軒、「横町東入口南」七軒、「南通小路」五軒、「観音小路」一〇軒(七兵衛宅あり)、「西灘道」一〇軒、「御蔵道」三軒に区分されている。おおざっぱに言えば、現在の出雲市大社町中荒木・恵比須を東西に走る道沿いに両側町があり、そこから別れた小路があったと思われる。中荒木・大梶の南北方向に観音小路があった。その小路の北側に湊神社と大梶神社がある。一方、中心ロードの南面に、市町によくみられる恵比須神社と知西寺がある。
 横町との表現は道の南側を流れる川との関係であろうか。なお「湊新町」に対して「湊町」の存在が想定できるが、中荒木・四軒家に存在したと思われる。その対岸は杵築南・赤塚であり、ここで川を渡ったのであろう。役所にちなむ「川方」の地名も残っている。

« 無線ルーター | トップページ | 日野俊基と石見国1 »

近世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無線ルーター | トップページ | 日野俊基と石見国1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ