koewokiku(HPへ)

« 戦国期の斐伊川東流路1 | トップページ | 戦国期の斐伊川東流路3 »

2020年3月29日 (日)

戦国期の斐伊川東流路2

 これに対して、大津村大石の阿須理神社由緒書は「大津龍王神社古今神秘集」を引用して、
「天正元年洪水堤防破壊ニ至り川尻ヲ出雲〔出東〕郡中間ヨリ北流シテ楯縫郡ヲ東流シ意宇海ニ入ル、依之出雲郡半余ニ割神門郡ニ編入シ旧高六万余ノ大郡トナリ、故ニ田畠共ニ増殖セル」としている。天正元年の洪水で堤防が決壊したため、出雲郡(当時は出東郡)中部から斐伊川が北流し、現在と同じく楯縫郡を東流して宍道湖に入るようになったことと、これにより出雲郡の半分近くが神門郡に編入され、神門郡が大郡になったとする。
 寛永説を批判する藤沢氏が重視するのが天正元年(一五七三)八月二八日の洪水である(大津森広家譜、中溝文書)。出雲大社の庄官中溝三郎五郎が人夫を連れて大津壇の上から平田までの間の川除修理を行っているので、洪水以前から平田付近を斐伊川が流れていたことが確認できる。
 風土記の時点では出雲大社は出雲郡内にあり、院政期以降成立した中世の大社領も多くは出東郡内に所属したと思われる。出雲郡から出東郡への名称変更は、出雲国衙に隣接する「出雲郷」が成立したことに伴うものである。大社そのものが神門郡に属した時期は不明だが、一六世紀前半には出東郡内の大社領が神門郡に変更されたことが確認できる。
 永正七年(一五一〇)三月一五日には千家豊俊が中助十郎に対して神門郡杵築大社領内の抜地(永代売地)を本領として安堵しているが、これは神門郡が大社にかかるのか、所領(複数の郡に散在している)にかかるのかが不明である。大永四年(一五二四)七月一七日小野政忠譲状には「雲州神門郡日御崎神主職」とみえ、この時点で大社領の浦々に隣接する日御崎神社が神門郡内となっていることがわかる。大社そのものも同様であろう。日御崎社関係ではこれ以前にも「神門郡」とするものがあるが、それは後世作成されたものである。大社領そのものが神門郡に移動していることが確認できるのは天文一二年四月六日大内義隆袖判安堵状(小野家文書)で、大野氏が安堵された所領に「神門郡富郷内」がみえている。次いで翌年四月五日栖雲寺光普売券にも「神門郡出西之郷」とみえる。

 

« 戦国期の斐伊川東流路1 | トップページ | 戦国期の斐伊川東流路3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦国期の斐伊川東流路1 | トップページ | 戦国期の斐伊川東流路3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ