koewokiku(HPへ)

« 記事の補足4 | トップページ | 寺社名の付いた所領2 »

2020年1月19日 (日)

記事の補足5

 持明院家行の嫡子家定は幕府と朝廷の両方に仕え、幕府評定衆二階堂基行(尊卑分脈が隠岐守頼行とするのは時代が合わない点については前に述べた)の娘を妻とし、その間に生まれたのが、長海本庄地頭基盛であった。基盛は関東御領丹波国大沢庄の地頭兼預所でもあったが、これは母から譲られたものであった。
 基盛が地頭であった長海本庄の支配を担ったのは守護佐々木泰清であったこ思われ、それがゆえに泰清は本庄で死亡した。その孫である守護貞清も本庄に関わったため、その霊神が八幡宮の祭神となったのであろう。貞清の時代には出雲国内の守護領が祖父泰清の時代(文永八年結番帳)の倍以上に拡大している。塩冶氏の初代とされる父頼泰の存在感は乏しいが、貞清の姉妹(一般的には娘とされるが、それでは泰孝との世代差が二代となり、物理的に成り立たないである)が国造泰孝の室となり、夫の死後は後家として国造後継者の決定を委ねられた覚日である。その祖父泰清の法名は泰覚、父頼泰の法名は覚道、甥の高貞の法名は頓覚であったが、貞清の法名は不明である。頼泰の法名が「~覚」ではなく「覚~」なのはその置かれた位置を示している。
 泰清の子は太郎義重が光得、嫡子次郎時清が阿清、四郎義泰が義覚、五郎茂清が覚清、六郎基顕は不明(幕府引付衆後藤氏を継承)、七郎頼清は十仏(湯氏を継承)、八郎宗泰は覚念、九郎義信は本仏である。義重の母は不明、時清の母は大井太郎朝光(小笠原氏一族)娘であるが、頼泰から宗泰までは葛西清親娘、義信は不明である。ここからすると、嫡子で幕府評定衆となった時清に次ぐのは富田庄を譲られた義泰とすべきであろうか。義泰の嫡子師泰は「如覚」、その弟六郎頼秀の嫡子高泰は覚照(南浦に関して述べた)であった。覚照は師泰の嫡子秀貞のもとで美作守護代を務めたが、秀貞の法名は不明。秀貞の嫡子直貞は尊覚である。頼泰の嫡子貞清については法名ばかりか妻の情報がないが、時清の娘であれば、貞清が祖父の後継者となったことが理解できる。高貞の母は「二郎左衛門女」とあるが時清は隠岐守、二郎左衛門尉でもあり、その子宗清の娘か。この点については以前述べたこともあったが、有力な説となろう。あまりに話が広がったのでひとまず終わりとする。
(補足)貞清の法名は永享五年一二月日鰐淵寺三長老紛失状の中で「了道」と記されている。形の上では父頼泰の「覚道」を受けた形となっている。高貞の母についても、時清娘を時清の嫡子宗清娘に修正。

 

« 記事の補足4 | トップページ | 寺社名の付いた所領2 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記事の補足4 | トップページ | 寺社名の付いた所領2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ