koewokiku(HPへ)

« 神社の名称変更3 | トップページ | 二つの横田神社4 »

2020年1月18日 (土)

二つの横田神社3

 横田神社の問題について、関和彦氏『『出雲国風土記』註論』を参照した。現地の資料を踏まえて考察され、力作ではあるが、風土記の時代と幕末の資料のみで論じているという問題点は解消されていない。前回、森山の美保神社が、明治初年に横田神社に名称変更したことを述べた。神主は両社を兼任していたが、美保神社に合祀されていた横田神社は元禄一三年に関係者の合意により下宇部尾に遷っていたにもかかわらず、である。少なくとも、目録にある、元禄一三年以降も「横田美保大明神」とする棟札は改竄されたものである。それを確認するため、資料を探すが、文久二年の島根郡輪切帳には関係記述がなく、旧県史編纂時に写された「享保一二年島根郡神社指出」に期待したが、森山・下宇部尾の指出は含まれていなかった。一方、「大芦」の検索では引っかからなかったが、「大芦浦神社指出」が含まれ、垣之内の天頭天王神社や楡木の日御崎神社、熊野権現社、小具の弁財天社の棟札も収録されていた。すべての神社の神主は同じで、小具氏である。
 「指出」は『旧島根県史編纂資料 近世筆写編二五三』(写真撮影して紙出したものをまとめてある)に収録されているが、同筆写編には、明治初年の松江藩神祀局の資料があり、その中で、神主小具大美が明治二年に国王大明神(後の川辺神社)の上葺と随神門建立、木鳥居に変えて石鳥居とすることを申請し、認めされていた。この時点までは小具氏は存続していたことが確認できた.
 前回、長浜神社について述べたが、文書は省略していた。その文書の署名者四名が神祀局の担当者であることがわかった。最近、論文や文書写真の紙焼きをデジタル化したことは前述のとおり。早稲田大学では閲覧はできるが、写真は文書を指定して業者が撮影し、紙焼しか入手できない。それを久しぶりに見直し以前は「中澤」と読んでいた姓を「中溝」に修正したばかりであったが、まさに「中溝」氏が仁多郡・飯石郡と市中(城下)の担当者であった。文書にはその外に井原、熊沢、重村氏が署判していたが、重村氏は明治二年の担当にはみえず、替わりに神門郡担当として酒井氏がいた。長浜神社の文書には年次がないが、少なくとも明治二年のものではないことになる。
 話を横田神社に戻すと、慶安三年の下宇部尾村と森山村の検地帳を閲覧した。下宇部尾村に横田神社が遷る前のもので、下宇部尾村には御役御免屋敷の中に寺社は無かった。森山村では美保神社と万福寺の敷地が御免屋敷とされていた。とここで、ネット検索で関氏が去年三月に七三歳で死亡されたことを知り、驚いた。これまでは名前を聞いたことがあるのみではあったが‥‥。関氏は横田神社をめぐる森山と下宇部尾の対立から、『風土記』の門江社(一般的には東川津の同名神社に比定)に相当する神社が下宇部尾にあったかもしれないと述べられていた。『風土記』写本で島根郡の神社が五社を除き欠落していたことは初めて認識した。藩士で研究者でもあった岸崎佐久治(寛文一二年の大芦村検地帳の作成者でもあった)が『延喜式』の式内社をコピーして挿入したというのが定説のようだ。ただし、それでも数は不足している。関氏は延喜式の記載順は参拝を前提とするものであるとの理解から門江社の問題を述べていた。その当否を判断する準備はないが、元禄一三年に横田神社が遷ってきた時点の下宇部尾には村の鎮守というべき規模の神社はなく、森山の美保・横田大明神で神事を行っていた。

 

« 神社の名称変更3 | トップページ | 二つの横田神社4 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神社の名称変更3 | トップページ | 二つの横田神社4 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ