koewokiku(HPへ)

« 鎌倉時代の赤江郷(保)1 | トップページ | 出雲国における摂関家領の成立 »

2019年12月15日 (日)

鎌倉時代の赤江郷(保)2

 一方、当方は「鎌倉期出雲国の地頭に関する一考察」(『山陰史談」18、1982年)の付表中の赤江郷(保)の備考欄に、「大弐僧都は幕府と関係あるか、六波羅探題南方料所、一四C初、『神県史』古代中世一六七九」と記した。その背景には、大弐僧都に与えられていた赤江郷地頭職が六波羅探題南方料所とされたとの解釈があった。同様の事例に、六波羅探題南方北条時輔が三処左衛門後家尼の寄進により得た横田庄地頭職を、その殺害により母である尼妙音が継承し、尼の死後は鶴岡八幡宮仮殿造営料所、六波羅探題北方造営料所、内裏供御料所とされたことがあった。横田庄研究をリードしてきた高橋一郎氏は、石清水八幡宮領(領家分)が料所となったと解釈されたが、横田庄が石清水八幡宮領でなるなる理由もなければ、そのことを示す史料もない。この点については、ようやく杉山巌氏「光厳院政の展開と出雲国横田荘」で明らかとされたが、至極当たり前の解釈(そう考えないと矛盾が大きい)である。
 東国御家人が得た地頭職には相続可能なものと、一時的に給分として与えられたのみで、実質的な支配者は幕府であったものがあった。横田庄地頭職は本来は相続可能な前者であったが、関係者の暗殺と死亡により幕府領となったのである。赤江郷については、大弐僧都(宝治二年に鶴岡八幡宮寺供僧に補任された慈暁であろう)は給分として地頭職を一時的に与えられただけで、その後、六波羅探題南方料所とされたものである。探題金沢氏はある時期に北条氏一族金沢氏の菩提寺称名寺二世長老明忍剱阿に赤江保地頭職を給分として与えていたが、本主(幕府関係者で給分として得ていた人物ないしはその関係者)からの訴えを受けて、返された。明忍剱阿にはその替わりに、周防国竃戸関が給分として与えることを長井氏惣領貞秀が伝えたが、その後、京都(探題)から具体的連絡がなく、明忍剱阿からの問い合わせに、長井貞秀も不審であると述べている。
応長元年七(?)月一三日に高野山金剛三昧院雑掌からの訴えを受けて竃戸関地頭代に、筑前国粥田庄住人の船に対する煩いの停止を命じている苅田顕政と藤原親家は六波羅探題の関係者であろう(金剛三昧院文書)。
 赤江保は、時に国衙がその税の納入を妨げることがあったが、基本的には掃部寮の所領であった。それが治承・寿永の乱ないしは承久の乱で在地領主が没落し、東国御家人が地頭に補任された。ただし、実質的には幕府領で、六波羅探題が支配し、給分を与えられる人物は交替してきた。一四世紀初めに称名寺長老明忍が給分として得ていた赤江保地頭職が本主に返されることになり、明忍には替地が与えれることになっていた。北条氏領の研究(秋山哲雄氏と川島孝一氏)ではいずれも赤江保(六波羅探題南方料所)を北条氏領の中に入れている。赤江郷(保)は国衙分と地頭分に分かれ、南北朝期には前者が赤江郷、後者が赤江庄と呼ばれた。鎌倉期の赤江郷に関しては以上のように理解しなければならない。

 

« 鎌倉時代の赤江郷(保)1 | トップページ | 出雲国における摂関家領の成立 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉時代の赤江郷(保)1 | トップページ | 出雲国における摂関家領の成立 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ