koewokiku(HPへ)

« 史料の残り方1 | トップページ | 史料の残り方3 »

2019年11月 3日 (日)

史料の残り方2

 本庄村の検地帳としては旧島根県史編纂時には「寛文一二年本庄村検地帳」が写されているが、残念ながら個々の耕地については特徴的な部分のみの抄本にとどまっている。とはいえ、集計部分は安永四年との比較に利用できる。その謄写本の末尾には「大正三年三月十八日」に「本庄邨役場所蔵之原本」により写したとしているが、原本は現在は残っていない。安永四年本より寛永一二年本が古いため、こちらを写したと思われる。長海村、手角村の検地帳の末尾にも同じ記載があり、なぜ、他の村の検地帳が本庄村役場にあったのか不思議であったが、歴史を確認すると、大日本帝国憲法が制定された一八八九年には市制・町村制が施行され、松江市が誕生しているが、その際に、従来の大区・小区時代以来の村々のグループの再編も行われていた。一八八四年の区長村会制改正により、当該地域は長海村を中心とする北部(森山村まで)と本庄町を中心とする南部(上宇部尾村まで)に分けられたが、一八八九年には下宇部尾村を含む「森山村」と手角村から上宇部尾村までの「本庄村」に再編された。本庄村役場は本庄町西側の大通寺の場所にあったとされる。そのため、関係する村の所蔵文書の一部ないし全部が本庄村役場に移されたのであろう。下宇部尾村が戦後の町村合併で美保関町となったのはこのためであった。
 寛永一二年本庄村検地帳には耕地の名請人として「寿庵」なる人物がみえ、地銭帳の「寿庵」と同一人物で、且つ、これが医師であると思われる。医師も御役御免屋敷を認められた公的存在であった。本庄村の御役御免屋敷にはお寺、御堂、下郡(一反歩)、庄屋(一反歩)、神主(四畝歩)、山廻(三畝歩)、役人(三畝歩)等とともに瓦焼三名分がみえ、その面積は下郡・庄屋に次ぐ六畝歩である。切図に「土取場」とあるのは瓦の原料となる粘土を取る場所であったのだろう。『切図』によると熊野神社下の道沿いに代宮(神主)家、蔵床があり、その道を挟んだ反対側に下郡屋敷があった。町(目代を補佐する年寄宅は四畝歩で御役御免屋敷)とは異なり、庄屋の補佐役である三名の年寄宅は他の百姓と同様御役屋敷でその面積は五畝歩であった。百姓屋敷は三畝歩であるが、すべて三名の名前が記されており、一人当たりは一畝であった。検地帳と地銭帳の末尾には岸崎佐久治とともに、中嶋長大夫、芝山半四郎、小池市郎左衛門が署判を加えている。

« 史料の残り方1 | トップページ | 史料の残り方3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 史料の残り方1 | トップページ | 史料の残り方3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ