koewokiku(HPへ)

« 万田庄と楯縫郡1 | トップページ | 万田庄と楯縫郡3 »

2019年10月 3日 (木)

万田庄と楯縫郡2

 為義の子義憲が忠盛の妻宗子や子頼盛と結ぶのがピンとこない人があろうが、宗子の母と為義の母はともに日野氏の出身で従姉妹の関係にあった。また、摂関家の侍となった為義等の清和源氏が摂関家領の庄官となることが多かったことも指摘されている。久木新大夫が名字の地とする久木は縦縫郡多久郷に属するが、南側に張り出し、摂関家領出雲郡福頼庄(現在の庄原から学頭にかけての地域)と境を接していた。福頼庄を通じて久木新大夫と義憲が結びついたのではないか。久木が所属する多久郷を苗字とする多久氏は、一ノ谷合戦の出雲国からの参加者として「多久七郎」がみえる(『源平盛衰記』)ように、出雲国の有力在庁官人であった可能性が高い。
 これに対して文永八年の地頭中二郎入道は、頼朝が伊豆国で挙兵後、治承四年八月二八日に相模国に進軍した際に従った人々の中にみえる、中四郎惟重・中八惟平の一族であろう(『吾妻鏡』)。両人は中原氏の一族で、地名を苗字にしていないことから在地の武士ではない。京下りで頼朝を支えた吏僚として中原久経、中原親能、中原広元が知られている。平家方となった多久七郎の所帯が没収され、そこに地頭として中氏一族が補任されたのであろう。
 仁平三年一一月末時点の出雲守は藤原基隆の子経隆で、翌四年正月に源光保に交替している。光保は美濃源氏で鳥羽院北面であったが、娘が院の寵愛を受けたことで登用され、初任受領として出雲守に補任された。経隆は基隆の嫡子忠隆の同母弟であるが、忠隆の妻藤原栄子は夜の関白と呼ばれた勧修寺流藤原顕隆の娘で崇德天皇の乳母となっている。経隆は大治四年~五年にかけて父基隆(知行国主)のもとで出雲守に在任したが、基隆が待賢門院御願寺法金剛院供養に際して、御堂造進の功により従三位に叙されたことに伴い、讃岐守に遷任し、次いで但馬守に遷任後、藤原光隆と相博する形で二度目の出雲守に補任された。なお初回時の後任は源能俊の子で基隆の養子となった九才の光隆であり、出雲国は待賢門院の分国とされたと思われる。
 前述のように、経隆が出雲守在任中に、出雲大社領が崇德院に寄進されたと考えられる。経隆在任中の仁平二年八月一五日には法成寺上座法橋増仁が出雲国飯石社を崇德の御願寺成勝寺に寄進している。増仁は天養二年二月六日に但馬国朝間寺を成勝寺に寄進しているが、これも経隆が但馬守在任中であった。

 

« 万田庄と楯縫郡1 | トップページ | 万田庄と楯縫郡3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万田庄と楯縫郡1 | トップページ | 万田庄と楯縫郡3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ