koewokiku(HPへ)

« 近況から4 | トップページ | 近況から6 »

2019年10月19日 (土)

近況から5

 ラグビーW坏も今日から決勝トーナメントが始まる。大分でのイングランド・オーストラリア戦と東京でのニュージーランド・アイルランド戦である。前者は好天が予想され、後者は降雨の可能性もある。グループ1位チームが有利であるが、後者は降雨がニュージーランドにややマイナスとの観測もある。何度も述べたが、同じ相手と三回やって三連勝するのは極めて困難なカードばかりである。十分な情報を持っておらず、好ゲームを期待するとしか述べようがない。言えるのは、最終段階でメンバー入りしたブリッジとリースの両WTBがABを変える可能性があることか。一年前までなら、日本生まれのリーコ・イオネアが注目選手であったが、控えにも入っていない。
 イングランドは一八連勝でストップ後、やや波があるようにみえるが、ジョーンズHCが意図的に頂点をW坏に持っていくためのものであったなら、優勝の可能性が高くなるが、どうであろうか。ウェールズは今年の六ヶ国対抗で全勝優勝したが、最下位であったイタリア戦を含め、どの試合も接戦をものにしており、不思議なチームである。南アフリカは、以前は後半のフィットネスに課題があったが、現在のエラスムスHC体制ではかなり改善されている。とはいえ、勝利するチームはここで南アフリカを上回らなければならない。反則や一時的退場が勝敗を決めることも十分にある。日本は大会前(九月八日)の南アフリカ戦は勝利ではなく、三〇点以内に抑えることを目標としていたが、達成できず四一失点であった。勝利するには二〇点以内に抑えることが条件となろう。プラス材料としては、フッカー堀江(欠場)、ロックムーア(控え)の存在であろうか。SHは智翠館OBの茂野が起用されたが、本大会では三人目で、控えにも入らず、流・田中のコンビである。とはいえ、一人が負傷するような事態となれば、その存在は重要となる。
 ジョセフ氏がNZ代表の地位を捨てる形で、来日した経過が不明であるが、新チームを作ろうとしたサニックスの創業者宗政氏の情熱が大きかったようである。一緒に来日したSHバショップ氏は、一九九五年大会で、メインズHCがベテランSHとして代表に復帰させた選手で、ほぼ代表選手のキャリアをまっとうしたといってよかったが、ジョセフ氏は二五才で二〇キャップでこれからの選手であった。宗政氏はラグビーの経験はなかったが、会社のイメージアップを兼ねてラグビーに私財を投じたとされる。今年で二〇周年となったワールドユースの大会には日本から八チーム(内九州四)、海外から八チームを招いて行われている。ニュージーランドからは高校No1のチームが参加することもよくあり、最多の一〇回の優勝を誇っている。今年は南アフリカのチームが優勝している。今回のW坏の参加選手にはこのユース大会の参加選手が二五名いると紹介されている。前述のニュージーランドWTBリースもその一人で、当時から代表となることが確実視されていたという。アイルランドの中心選手セクストンや日本代表のラファエレも参加している。

« 近況から4 | トップページ | 近況から6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近況から4 | トップページ | 近況から6 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ