koewokiku(HPへ)

« 万田庄と楯縫郡3 | トップページ | 弁慶伝説の補足2 »

2019年10月 6日 (日)

弁慶伝説の補足1

 現在、本庄公民館で行う話の準備をしており、その作業により訂正が必要なものに気づいたので、以下で述べたい。
 近世の本庄地域の理解が十分ではなかったが、現在は検地帳をみて、そこに記された地名を、明治九年の地租改正時の字調のものと対照している。中世の枕木保は定田数二三町七反であるが、これに対して、枕木山を含む近世の別所村の慶安二年の田数は八町六反五畝しかなく、弁慶関係の遺跡がある野原村の慶安三年の田数が一三町である。少なくともこの二村は枕木保内であろう。これに本庄川の上流域も枕木保に含まれた可能性がある。
 切図(地籍図)をみていないため、個々の地名の現地を比定するのは今後の作業であるが、野原町の範囲も、現在の本庄中地域(本庄小は邑生町)まで含んでいる。また枕木町の範囲も長海川流域の上流域を含んでいる。各町の範囲についてはグーグルマップで確認出来る。
 そうすると枕木保の範囲が立券時の長海庄に含まれなかったのが不思議であるが、それに先行する形で枕木保が成立していたためであろう。保とは一一世紀以降、既存の耕作地を興廃させずに新たな開発を行った領域を指定し、雑役免除と保司による一部得分の取得を認めたものだが、枕木山にある天台宗華蔵寺領としての側面があったのだろう。勝部宿祢一族の東長田氏が文永八年の枕木保地頭としてみえることから、本庄地域の開発も勝部宿祢一族が中心となったと思われる。ただし、長海庄は蓮華王院領加賀庄とともに平家没官領とされ、東国御家人が地頭に補任された可能性が高く、文永八年段階でも勝部宿祢領であった枕木保とは明暗を分けた。長海本庄と長海新庄は円勝寺領であることに変わりはなかったが、実質的には幕府領となり、幕府が領家を決定し、地頭を補任していた。本庄は領家であった持明院家の基盛が将軍宗尊親王の側近であったため、地頭にも補任されたが、新庄は地頭は不設置で、德大寺が領家であった。ともに円勝寺を開基した待賢門院の関係者である。

 

« 万田庄と楯縫郡3 | トップページ | 弁慶伝説の補足2 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万田庄と楯縫郡3 | トップページ | 弁慶伝説の補足2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ