koewokiku(HPへ)

« 金輪造営図と神郷図3 | トップページ | 金輪造営図と神郷図5 »

2019年9月29日 (日)

金輪造営図と神郷図4

 国造職は世襲であり、その死をもって譲状が執行され新たな国造が相続する。清孝の死により父孝時譲状に基づき国造を相続した貞孝に対して、孝宗が清孝から譲られた事を根拠に交替を拒否したことで孝宗と貞孝の相論が始まった。康永三年六月一五日守護代吉田厳覚書状には、去年の三月会以下の神事が兄弟の相論により実行できない状況であり、当座の和与を結ばせたとして、守護側近隠岐彦左衛門尉にどちらを国造兼神主とするが決定すべきかと上申している。三月会は清孝の病状悪化により延期されていたが、その死後すぐに両派の対立が生じて、実行不能となったでのである。
 康永二年三月一六日出雲孝景和与文書目録には泰孝から孝時への譲状の正本(原本)は焼失したと聞いたが、孝宗から与えられた案文に任せて、作成し進めたと記されている。ところが、千家文書に残る徳治二年一二月五日出雲泰孝譲状写には、逆に、それ=孝景から得た案文に任せて書いたことと、正文が焼けた事も聞いたとを記した上で、後日のために裏封をすると、記されている。その上で康永二年三月一六日に孝宗が署判を加えている。このような細工が千家方により施されていることにも注意しなければならない。
 実際には裁判関係文書は孝宗ではなく貞孝に渡され、今日に到るまで北島家文書として保存されている。千家方の孝景と結んでの工作は失敗したのである。裁判関係文書には泰孝譲状が含まれていたが、孝時譲状はリストにみえない。孝時が一方の当事者である裁判であったため、支證には含まれなかった。孝時から後継者とされた貞孝に、泰孝譲状並びに造営旧記などが返されたのは当然のことであった。その意味で、応安三年の大社神官等申状の記載内容は検討なしには使えないものである。その貞孝がいた場所が国造館であった。後に両国造家で論争が行われており、千家方は神郷図を根拠として政所内の千家国造館が本来の国造館であると主張しているが、北島方の主張が正しい。
 以上までで、現在の北島家文書がどのような形で伝えられたかを確認した。注目されるのは孝景の和与関係文書に「造営旧記」とならんで「差図」がみえることである。文書目録には「治暦・永久造営旧記」はあっても、正文は知らないと注記されている。質入れ文書目録には1)領家との過去の裁判に関する関東下知状、御教書、領家三条殿御教書、国造が幕府へ送った巻数への返事と並んで、2)義孝と泰孝が幕府から得た大庭田尻保の安堵状、国富・氷室綸旨とともに差図と宝治造営旧記が記されている。1)裁判での勝訴判決や領家からの補任などであるが現在は残っていない。残したくない情報が含まれていたためであろう。2)は差図を除けば北島国造が所有していることが確認できる。

 

« 金輪造営図と神郷図3 | トップページ | 金輪造営図と神郷図5 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金輪造営図と神郷図3 | トップページ | 金輪造営図と神郷図5 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ