koewokiku(HPへ)

« 承久の乱以前の長野庄4 | トップページ | 七月の近況 »

2019年6月30日 (日)

承久の乱以前の長野庄5

 萩博物館所蔵「周布氏系図」には周布兼定領安富郷を譲られ、後に益田兼久の妻となった幸寿に関する注記で、夫兼久が兄兼長の早世を受けて益田氏惣領職と所領を継承したことと、幸寿が安富郷を二男彦三郎兼幸に譲ったことが記されているが、「石見国益田庄御旧封古事記」の記事で述べたように、兼長に続いて兼久も間もなく死亡したと考えられ、兼幸は鎌倉末~南北朝動乱前期に安富郷地頭としてみえるが、その所領は祖母連阿から譲られたとしており、兼久と兼幸に関する記述はともに事実ではない。兼幸の記述は疑問としながら、兼久に関しては一度は事実と評価したが訂正する。
 治承・寿永の乱と承久の乱が長野庄に与えた影響をまとめると、前者では一の谷合戦に参陣した「案主大夫」=益田氏惣領季兼とその一族、「横川郡司」=豊田郷下司国直(吉賀大夫の呼称を父国高から継承していた可能性あり)とその一族を中心とする平家方の所領が兼栄・兼高父子と東国御家人に与えられた。一方で、初代であったかは不明であるが、建久四年に守護に補任された佐々木定綱は守護領(西部では豊田郷と吉賀郡内、東部では稲用郷等)を拠点として武士の組織化を図った。
 承久の乱では知行国主源定通と守護佐々木広綱が京方であったが、定通は北条義時の娘を妻としており、消極的な京方に留まった。守護による国御家人の組織化も一部に留まった。現時点で所領没収が確認出来るのは、長野庄内白上(一部、田村盛家→盛次)、美濃地黒谷(菖蒲実盛)、豊田郷(内田宗茂)、那賀郡貞松名(内田宗茂)・宇津郷(越生有政)、安濃郡稲用郷(守護某)、邑智郡桜井庄(土屋氏)であり、吉賀郡内の所領にも可能性がある。

« 承久の乱以前の長野庄4 | トップページ | 七月の近況 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 承久の乱以前の長野庄4 | トップページ | 七月の近況 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ