koewokiku(HPへ)

« 承久の乱以前の長野庄3 | トップページ | 承久の乱以前の長野庄5 »

2019年6月30日 (日)

承久の乱以前の長野庄4

 長野庄本郷とされた飯田郷が益田兼栄領となったのはいつであろうか。本郷下司であった物部季遠死亡した後、本郷はその妻(後家)をへて娘に受け継がれた。娘の兄弟光安は母への不孝により周防国等国外を経廻後、参洛して領家に奉公した労で最初に市原・白上下司に補任され、次いで長寛三年四月三日には屋敷、自作田畠と美乃地・黒谷下司にも補任された。光安の姉妹はその縁から領家関係者を聟に迎え、子仲広が生まれた。一方、益田兼栄が長寛二年正月二七日には本郷(飯田郷)下司に補任されたとしている。
 兼栄は一般的な益田氏系図では益田氏惣領国兼の孫とされるが、実際には国兼は安富郷下司に補任されていた庶子であり、その子兼栄も同様である。実際に長野庄本郷(飯田)に対する兼栄の支配が確立するのは治承・寿永の乱後であろう。惣領季兼が一の谷合戦で平家方として参陣したのに対して、国内に留まっていた庶子の兼栄・兼高父子はいち早く幕府方となり石見国押領使に補任され、国内と出雲国の平家方武士の追討にあたった。その恩賞して得たのが益田氏惣領を含む国内の平家方武士領であった。兼季領の多くが兼栄以来三代知行で幕府から地頭に補任されたものであった。
 承久の乱では石見国守護であった定綱の子広綱が京方により没落している。兼盛も広綱とともに没落したと思われる。兼盛跡白上半分は来原別府地頭田村氏領となり、広綱領豊田郷は駿河国御家人内田氏領となった。これに対して長野庄内の他の所領では東国御家人新地頭に補任される事態にはならなかったと思われる。得屋郷地頭となった武蔵七党の丹党に属する岩田氏の系図は岩田五郎三郎胤村から始まっている。益田氏と世代数を比較すると、胤村は益田兼胤の所領没収により、得屋郷を与えられた可能性が高い。飯田郷は兼季-兼時-兼久をへて兼胤の代に没収され、長野庄惣政所源氏領となったと思われる。安富郷は周布氏領であったこともあり、兼胤には譲られず没収は免れた。

« 承久の乱以前の長野庄3 | トップページ | 承久の乱以前の長野庄5 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 承久の乱以前の長野庄3 | トップページ | 承久の乱以前の長野庄5 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ