koewokiku(HPへ)

« 佐陀庄の領家とその関係者3 | トップページ | 源雅頼・兼忠父子1 »

2019年4月22日 (月)

佐陀庄の領家とその関係者4

 鎌倉初期に佐陀庄領家としてみえる円雅の祖父花山院忠雅は家成の姉妹を母とし、一〇才時に父忠宗が死亡したため、家成の家で育てられた。忠宗は顕仁(崇德)親王家の侍所別当で、待賢門院別当でもあった。忠雅は大治四年に叙爵し、保延二年正月に母方の祖父藤原家保が参議を辞任することで右少将に補任され、四月には左近少将、六月には美濃守(知行国主は家成)に補任された。保延三年正月に女院未給分として従五位上、四月には院未給分として正五位下、一二月には従四位下に叙せられるとともに還昇を認められた。同五年正月には鳥羽院の行幸の賞として正四位下、八月には体仁の立太子に伴い春宮権亮に補任され、正四位下に叙せられた。譲位直前の崇德天皇のもとで正四位上と蔵人頭に補任され、それは近衛天皇のもとでも継続された。
 以上のような花山院忠雅を領家として佐陀庄が寄進・立券されたのであろう。藤原家成と藤原清隆が協力したことはいうまでもない。その後、忠雅の嫡子兼雅をへて、孫の円雅が継承したと思われる。兼雅は平清盛の娘を妻とする等、平家との関係を有したが、その娘は後白河院と結んで平家と対立した松殿基房や幕府と立場が近い九条兼実の嫡子良通の妻となっている。また、兼雅の嫡子忠経が一条能保の娘保子を妻としているが、その背景には忠宗・忠雅父子と待賢門院、ならびに藤原家成との関係があった。このあたりは、関東祗候人となった公家の分析をする中で、具体的に述べたい。
 元木泰雄氏による五味文彦氏『平清盛』(歴史叢書)の書評をネットで閲覧したが、大変詳細なものであり、元木氏による疑問が具体的に述べられていた。この時期の政治史は大変複雑で、且つ史料がすべて残っているわけではないので、それぞれが多くの異論(当然多くの同意を前提とする)があることになる。AIが導入されても同様であろう。本ブログでも元木氏の説への疑問を具体的に論拠に基づき述べているが、議論を重ねていくしかない。

« 佐陀庄の領家とその関係者3 | トップページ | 源雅頼・兼忠父子1 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐陀庄の領家とその関係者3 | トップページ | 源雅頼・兼忠父子1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ