koewokiku(HPへ)

« XPを使う1 | トップページ | 藤原実政と鹿子木庄1 »

2019年3月 6日 (水)

XPを使う2

 修理が終わったラデオン7700は自作機(i7-3770T、2012年)で利用し、4Kモニターの導入に役立った。これもミニではあるがDP2ソケットのタイプであった。2015年に9020を導入するまではこれが主力であった。2年前に電源をノーマルに交換し、GT1050tiのカードを利用した。それ以前にラデオン360を利用していた。この9020(デル専用電源)で利用できたカードが、3020(デル専用電源)では利用できなかったのはなぜかわからない。とりあえず3020は家族用とした。
 自作機は、7010のスモールデスクトップ版の3770の65W版と交換した。3770Tは35Wで、スモールデスクトップにふさわしいと思ったからである。ビデオカードは460を使用していたが、三画面(1K+2K+4K)にはやや力不足の状況であった。それを1KをEIZOのスクエアタイプのものと交換したこともあり、1050tiを再度購入した。二年前と同じくドスパラダイスのみで扱っているもので、比べてみたが変更点はなく同製品であった。たまたま捜し物をしていたらその際の送り状があり、1万5000円ほどであった。今回は旧製品となっていたが1万6千円(ただしこれが4Mタイプでは最安。2年前も同店が最安であった)。自作機は2012年版であったが、問題なく使用できた。本来は460カードを3020機で利用しようと思ったが、不可であり、別のi5-3470機での利用を考えたい。現在は3770を利用しているが、これより新しく、性能はよいので。
 4Kは出始めのデルの2715であるが、ブルーライトカットなどの目の負担を軽減する機能がないので、メイン機としては不安があり、31.5型も検討したが、当方は縦書きを重視するため、26.5型スクエアタイプを選択した。難点はデジタルはDPとDVIのみでHDMIに対応していないことで、モデルチェンジに期待しつつも、望み薄として購入に踏み切った。明るさとコントラストはネットの情報に基づき設定した。当初は暗い感じがしたが、なれてくると十分で、目に優しいものである。縦書も31.5型より縦が長く、字が大きく表示できる。史料編纂所と国会図書館の蔵書を表示されても快適である。アマゾンでプライム会員限定であったため、とりあえず1ヶ月使用して1年会員となった。注文した商品が早く到着するようになったが、別に急がないケースが大半である。在庫さえあれば翌日配達も珍しくない。自作機の方には碁マネージャー名人をインストールして、とりあえず岸本左一郎『活碁新評』と同『常用妙手』のデジタル化を図りたい。棋譜を画像として保存してワード、一太郎、花子、インデザインに組み込むことも検討したいがとりあえず、碁マネージャー名人は直接にワープロに編集した棋譜を貼り付けることが可能だとのことである。論文作成は8700デル機で行い、棋書のデジタル化は3770自作機で行いたい。ここまでXP自作機で行ったが、ストレスなくできた。現在の最大の課題は、ロジクールK810ワイアレスキーボードの後継機問題である。大変よい製品で2台利用していたが、なぜ新型が発売されないのかわからない。その他の安価なK480、K380はPCとの接続が起動時に担保されていないという問題がある。

« XPを使う1 | トップページ | 藤原実政と鹿子木庄1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XPを使う2:

« XPを使う1 | トップページ | 藤原実政と鹿子木庄1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ