koewokiku(HPへ)

« 豊田郷と俣賀氏1 | トップページ | 豊田郷と俣賀氏3 »

2019年1月23日 (水)

豊田郷と俣賀氏2

 庶子俣賀氏が早くから石見国へ入部したのに対して、内田氏惣領は石見国と本領内田庄のある遠江国の間を行き来していたと思われる。内田庄が海岸部に立地したのに対して、豊田郷は中山間地に立地しており、貞応二年の豊田郷の田数は一八町四反一五〇歩に過ぎないが、実際の山野・畠・畑を含む領域は広大なものであった。惣領宗茂は嫡子致員に所領を譲ると、致員を遠江国に残して石見国に入部した可能性が高い。本来は譲状作成後、宗茂が死亡した時点で幕府による安堵が行われるが、嘉禎二年六月に譲状が作成され、一二月には幕府が安堵している。「亡父」と記されていないので、宗茂が健在であったのは確実である。俣賀村を譲られた弥益丸は嫡兄致員や庶兄致重と年齢が離れており、宗茂の晩年の子ではなかったか。
 宗茂の嫡子致員もまた両国の間を行き来していたと思われ、文応元年には往古の堺を越えて吉賀郡野郷内で狼藉を働いているとして幕府から出頭を命ぜられている。豊田郷は吉賀郡内でありながら、美濃郡内の所領を統合して寄進・成立した長野庄に含まれていた。弘長二年には致員が出頭しないため、召進めるよう幕府が遠江守護(国を入れないのが普通のようだが、国司ならいざしらず、違和感をおぼえる)大仏朝直に伝えている。通常は守護に依頼することはないが、大仏氏の幕府内での地位の高さととともに、内田氏がその家臣となっていたことがその背景にあったと思われる。
 文永八年に西仏(致員)は豊田郷と貞松名の惣領地頭職を嫡子致直(生仏)に、内田庄下郷の惣領地頭職を庶子致親に譲った。ただし一円ではなく豊田郷内の一部は致親と女子に、内田郷下郷内の一部は致直と女子等に分割して譲った。これにより内田氏惣領(致員・致直)は石見国で活動するようになる。弘安八年には致員の死亡により、致直による相続が幕府によって安堵されている。ただ致直には成人した男子がいなかったようで、致員の意向に従い致親の子朝員が致直の養子となって石見・遠江の所領を譲られた。そして蒙古襲来への対応もあり石見国に下向した。

« 豊田郷と俣賀氏1 | トップページ | 豊田郷と俣賀氏3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田郷と俣賀氏2:

« 豊田郷と俣賀氏1 | トップページ | 豊田郷と俣賀氏3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ