koewokiku(HPへ)

« 藤原朝定と仮殿遷宮3 | トップページ | 知行国の返上・改給1 »

2018年12月 4日 (火)

秋山版活碁新評

 秋山次郎監修『名著再び 活碁新評』(日本棋院)をようやく購入したので、原著並びに長谷川章補稿解説『新訂活碁新評 筋と形』(上下、名著名局囲碁文庫、東京創元社)と比較してみる。なお、現時点ではななめ読みなので、後に必要に応じて加筆・修正するかもしれない。表紙には「江戸時代の名棋士 岸本左一郎が遺した手筋教本」とあり、裏表紙には「実践手筋を学ぶ130問」と記されている。
 秋山版は『週刊碁』に一年半にわたって連載した講座に基づくもので、原著に忠実に全一三〇題を掲載し、岸本のコメントを部分的に引用しつつ、自らのコメントを付している。長谷川版は問題図と岸本のコメント(若干表現を変えてある)を最初に掲載した上で、自らの解説を加えている。秋山版より解説図も多く詳細である。そのためか、全一三〇題から八六題を選んで掲載している。『棋道』に連載したもの(上巻の五二題)に、未発表分(下巻の三四題)を加えているが、下巻は雑誌連載のスペース上の制約がないため、より詳細なものとなっている。
 長谷川版は、読者から「『活碁新評』の素材を利用しつつ、長谷川氏の著作といってよいものになっている(仮に原著を持っていたとしても長谷川版を購入する価値がある)」との指摘を受け、途中から長谷川章著『筋と形』に題名を改めて版を重ねている。当方が所持するのは、伊豆の収集家からいただいた原著のコピーならびに、一九五六年一月(上巻)と三月(下巻)発行の初版本(岸本著・長谷川解説)と、一九六三年一二月発行の上巻の第一〇版(長谷川著)である(成田山新勝寺図書館で撮影した活碁新評と常用妙手の写真もあり)。時間の余裕ができれば全部を読破して、原著がわかるような形でHP上で掲載したいと思っているが、それがいつになるかは未定である。棋譜のワープロソフトもあるようであるが、花子やイラストレーターを利用しつつ作成できないかとも思っている。少しみただけだが、現在では有段者向けのものであろう。
 なお、市内の最大の書店に用事があって久しぶりに行ってみると囲碁の本棚の中に一冊あるのみで、島根県出身の人物の著作に基づくものであることに気づく人がいるか疑問であった。郷土の本のコーナーに置いてもよいのではないか。来年五月末から六月初めには二〇一一年に続く二度目の世界アマチュア囲碁選手権大会が松江市で開催される。四〇回目の記念大会でもあり、その前宣伝としても活用できる。なにより、世界からの参加者に秀策の兄弟弟子でこのようなすぐれた著作を残した岸本の存在を知ってもらえる機会ともなる。 その意味で、秋山版には原著の末尾の岸本の文(このような本を出版することとなった経緯が述べてある)が掲載されればなお良かった。岸本は大森の生まれであり、この本は石見銀山が生み出した文化的遺産の一つである。    

« 藤原朝定と仮殿遷宮3 | トップページ | 知行国の返上・改給1 »

囲碁史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋山版活碁新評:

« 藤原朝定と仮殿遷宮3 | トップページ | 知行国の返上・改給1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ