koewokiku(HPへ)

« 中世前期の伯耆国武士団4 | トップページ | 金持広栄について »

2018年9月 4日 (火)

中世前期の伯耆国武士団5

 伯耆国の武士の中で、戦国期に至るまでその勢力を保ったのは日野氏と小鴨氏である。東部の小鴨氏は西部の紀氏と対立し、本来は平氏との関係が深かったが、紀氏が後白河院の宮を擁立したことで、一の谷合戦での被害を免れた。これに対して反平氏=後白河院方であった紀氏は、宮の擁立が後白河の認めるところとならなかったことで、逆に幕府の弾圧を受けてその勢力を低下させた。日野氏については史料を欠いているが、鎌倉幕府御家人としてみえ、その勢力を維持したと思われる。野津氏についても同様であったろう。反小鴨氏の立場から紀氏と結んでいた原田氏は、院の宮を擁立した紀氏の動きには同調せずにその地位を維持し、その系図によると、笏賀庄、東郷庄、竹田庄等の地頭となり、一族の中には鎌倉で活動するものもあった。隣国因幡国では佐治氏が六波羅探題の奉行として、長田氏が幕府評定所の役人として活躍するなど、幕府との関係を強める国御家人がいた。
 このような前提で後醍醐と伯耆守長年一族の船上山での旗揚に日野氏が早くから協力したのは出雲土屋氏との関係があったと思われる。勢力を低下させていた紀氏は長年に協力した。そのライバル小鴨氏は幕府との関係が強かったため、六波羅探題でもあった北条時益の守護代糟屋氏と同様、長年により攻撃されている。「名和」に隣接する野津を本拠とする野津氏も同様であったと思われる。『梅松論』が後醍醐一行が着いた地点を「名和庄野津郷」と記すのも気になるところである。「名和庄」が本来は野津氏の支配するところで、恩賞により伯耆守長年に与えられたとの想定も可能である。
 このようにピンチに追い込まれた小鴨・野津氏であったがゆえに、足利尊氏が蜂起すると、そのもとに参加し、結果としてその勢力維持に成功し、長年と結んだ紀氏はさらにその勢力を低下させた。一方、一旦は長年に協力した日野氏であったが、本来は紀氏と地盤が競合しており、動乱が始まると、日野義行は出雲国守護塩冶高貞と同様、尊氏方に転じ、出雲佐々木氏一族の羽田井氏とともに杵築大社神主をめぐる問題で、高貞の命令の執行を命じられている。これにより日野氏もその勢力を維持した。
 極めて大雑把で不十分なものである(今後の検証に基づき、加筆・修正する)が、とりあえずは以上の通りである。

« 中世前期の伯耆国武士団4 | トップページ | 金持広栄について »

中世史」カテゴリの記事

コメント


お久しぶりございます。堀之内です。先月仏教関係の書籍を読み機会がありました。
伯耆と石見関係の記述見つけたので紹介します。
円覚寺蔵大般若経
延文3~4年頃の署名者の中に以下の名前がありました。
[伯耆国日野郡司道舜]
[伯耆国日野郡司妻弁性]
円覚寺蔵大般若経刊記等について(二) / 貫達人

松江市乃木善光寺所蔵の託何上人法語に、[野津蔵人入道]の名前がありました。

然阿良忠上人伝に、よると良忠は、石見那賀郡三隅庄出身で[母伴氏]みえます。

とりあえず参考までに。

 貴重な情報提供ありがとうございます。さっそく当該史料を確認します。とりあえず、仏教文化研究三一号良忠上人特集号がネット上にPDFで公開されていました。冒頭の「『然阿上人伝』について」を斜め読みした程度ですが、研究書もあるようです。正治元年の生まれとありますが、伴氏とは河上氏の一族と思われます。国御家人と思っていましたが、東国御家人の可能性も出てきました。江川沿い=那賀郡東部の河上、都治、都野、有福のみならず、同郡西部の佐野・久佐・長屋(浜田市)を所領としており、その関係で婚姻関係を結んだと思われます。伯耆国は出雲国と比べて承久の乱の影響が弱いようで、国御家人がかなり生き残ったようです。初期の守護金持氏は日野郡にある金持神社とは無関係で、北条氏と関係の深い東国御家人です。託何上人法語も朝山氏一族湯氏との関係で名前と内容の一部は知っていました。

お役にたて嬉しいです。これからも何か役に立ちそうな情報があったらお知らせさせていただきます。
コメントした後で気づいたのですが、然阿上人伝は、浄土宗全書テキストデータベースで全文が読めます。
石見伴氏は、私も以前から調べてますが、益田氏や久利氏と違って正確な系譜史料が無くて
色々と謎が多いです。とりあえず石見伴氏の研究に役に立てば嬉しいです。

お久しぶりでございます。以前コメントをした。堀ノ内です。
最近、あげられた内田俣賀氏関係の記事は興味深く拝見させて頂きました。
また、二三興味深い史料を見つけたので、ご報告をします。
伯耆
日御崎社家の[小野家譜]によりますと、小野氏の先祖は、一時期伯耆野津庄に居住したと見えます。これは、史実かわかりませんが、興味深い記事とおもいます。小野家譜は、史料編纂所のデータベースで全文確認できます。
出雲
熊本県史料中世編4に、三刀屋氏庶子家の[佐方文書 佐方系図]がありました。
同文書と系図は、三刀屋氏研究に役に立つと思います。
また、奥出雲町上三所土屋は、三所地頭土屋忠泰女子に関係ある地名でしょうか。
石見
先日ヤフオークションサイトを閲覧していたところ、石見小笠原氏の庶子家で、長州藩士の祖式家文書が、出品されてました。戦国期の文書も含まれると書かれてましたが、私には真偽は、わかりません。史料編纂所のデータベースで、萩藩閥閲録を確認すれば、なにかわかるかもしれません。
ご存じ上げの史料もあるかも知れませんが、とりあえずご報告致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中世前期の伯耆国武士団5:

« 中世前期の伯耆国武士団4 | トップページ | 金持広栄について »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ