koewokiku(HPへ)

« 中世前期の伯耆国武士団2 | トップページ | 中世前期の伯耆国武士団4 »

2018年9月 4日 (火)

中世前期の伯耆国武士団3

 本来、この文は野津蔵人仲義について、情報をいただくとともに、関係史料を調査したことで書き始めたものであった。系図以外では確認できないが、一一世紀後半の伯耆守に藤原頼業という人物がいた。藤原南家真作流に属している。真作は南家の祖武智麻呂の子巨勢麻呂の子で、系図によると石見守・三河守・阿波守等を務めている。その後、三守-有貞-経邦-保方-棟利-方正-実房を経て頼業に至る。三守は公卿となっているが、概ね受領を歴任している。頼業の系図には頼綱に関する記載は無いが、時期的には矛盾がなく、藤原北家良門流に属す治部少丞頼綱について、二条関白勾当(摂関家の侍所で別当のもとで事務を担当)泰経の子とする(尊卑分脈)一方で、別本の注として、頼綱は伯耆守頼業の子で在国して伯耆治部と号しており、その子孫が伯耆国にいることと、さらには、伯耆国住人で乃津郷住人の子であったが、頼業が伯耆国に下向した際に養子として、上洛した際に相具したと記している。
 そのようなことがあるのかとの疑問もあろうが、以前、平正盛の後を追うように白河院のもとで受領を歴任した武士藤原盛重のことを思い出した。周防国出身で東大寺に侍童として仕えていたのを白河院に見初められ、院のもとに近侍するようになったことがその後の出世につながった。父国仲は桓武平氏高棟流の一族で、祖父生昌は播磨守・大宰権帥を務めたが、父以康は生昌の晩年の子であったためか、良門流の藤原資国の養子となり、藤原姓に改めたという。盛重の子孫も北面として院に近侍するが、その孫には後白河院に登用された藤原能盛がおり、その弟兼盛は、清盛の娘で摂関家領を管理した盛子が死亡した際に、摂関家領の管理にあたる白河殿倉預に補任された。院の寵臣であるがため、能盛は治承三年のクーデターで解官され、兼盛は平氏方に襲撃されて手首を切られたとされる。
 ともあれ尊卑分脈には頼綱の孫義保が右馬頭を務める一方で乃津(野津)冠者と号したとする。その子が治承三年に坪上山の戦いで小鴨氏と結んで原田氏・紀氏連合軍と戦った仲義で、上西門院蔵人でもあった。上西門院は後白河院の一才上の同母姉であり、母待賢門院領を継承したことでも知られている。

« 中世前期の伯耆国武士団2 | トップページ | 中世前期の伯耆国武士団4 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中世前期の伯耆国武士団3:

« 中世前期の伯耆国武士団2 | トップページ | 中世前期の伯耆国武士団4 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ