koewokiku(HPへ)

« 大治五年の出雲守光隆2 | トップページ | 頼朝の御外戚親光 »

2018年9月29日 (土)

大治五年の出雲守光隆3

 石見国ではこれまた安芸国から遷任してきて一年足らずの藤原尹経から、出産時の法要に参加する中で待賢門院の信任を得た卜部兼仲に国守が交替している。尹経も院分国土佐で国守を務めるなど白河院との関係を有した人物であった。兼仲が二期八年務めた後任は、待賢門院別当の一人であった平忠盛の正室藤原宗子(池禅尼)の兄弟宗長であった。宗長は父宗兼と同様和泉守となったが、石見守兼仲と相博する形で石見守となり、二期八年務めた後に、天養元年一二月末に日野資憲が崇德院庁の別当に専念するため辞任した下野守の跡に遷任した。石見国、和泉国、下野国もまた出雲国、安芸国と同様一時期待賢門院の分国とされた。
 安芸国が光隆の死により忠実の知行国となったことは前述の通りである。出雲国は待賢門院別当であった藤原清隆が国主、その子光隆が国守となり、杵築大社遷宮を行い、次いでこれまた待賢門院別当であった院近臣藤原基隆の子経隆が国守となった。大社造営により待賢門院自身の収入の減少が減少するため、安芸国に遷任したのであろう。後に後白河院の側近藤原能盛が三年の任で周防守に遷任したのも同様の理由であろう。その後出雲守は久寿元年正月には源光保に交替した。光保は保元の乱後二条天皇派となった人物である。
 石見国は、知行国とした大和国で興福寺の反発を受けた藤原忠通が天養二年に遷任してきたが、一年足らずで父忠実に奪われ、久安二年には忠実の側近で安芸守であった源雅国の子で一〇代であったと思われる国保が石見守となった。知行国主忠実のもとで、雅国が実際の支配にあたったと思われる。雅国は安芸守は久安五年には同じ忠実の側近源成雅と交替している。
 和泉国は永治二年には藤原光盛が国守となり二期八年努めているが、光盛は日野資憲と資長の弟である。、久安三年三月の時点では和泉国が忠通の知行国となっていることが確認でき、光盛は忠通の側近であった。下野国では久安五年には藤原宗国が国守であるが、宗長との関係は不明である。
 以上、大治五年に出雲守に補任されたのは源光隆であり、出雲国が石見国に続いて待賢門院の分国とされたと考えて問題なかろう。

 

« 大治五年の出雲守光隆2 | トップページ | 頼朝の御外戚親光 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大治五年の出雲守光隆3:

« 大治五年の出雲守光隆2 | トップページ | 頼朝の御外戚親光 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ