koewokiku(HPへ)

« 石田六郎左衛門尉に関する補足 | トップページ | PCの修復2 »

2018年9月11日 (火)

PC修復困難

 メインPCは起動はするが、スタートメニューからソフトを使おうとすると、「スタートメニューが反応しません。ログアウトしてください」と表示される。デスクトップからインターネットを利用することもできない。エクスプローラーそのものも起動できない。前に述べたが、デスクトップ上のフォルダをクリックすると中が表示され、エクスプローラーは利用可能で、問題のデータフォルダの中も確認でき、なんとか移すことができた(とりあえずEドライブに移し、そのHDDを外してUSBで接続して、新PCにコピーした)。
 ネットで調べてみると、Windows10の更新によりスタートメニーが使えなくなる事例とその修正方法がいくつか掲載されていたので実行したところ、スタートニューそのものは使えるようになったが、そこに登録されていたソフトは、Windows10本体のもの以外は消えていた。デスクトップにアイコンが残っているものを、クリックしても、一太郎は「キー割付ファイルがみあたらない」と表示され起動しない。他のソフトも利用できない。なぜかメールソフトのShurikenのみは起動したので、ファイルのエクスポートができた。インターネットも起動するとヤフーが表示される設定であったが、サイトは表示されず、そこからアドレスを入力する必要がある。
 それではと、Windows10の再インストールを行ってみる。そのための専用USBに必要なファイルをダウンロードして、ファイルやソフトを維持した上での上書きインストールを何度か行ってみるが、途中で失敗してしまう。とりあえず、このままで、必要なファイルの新PCへの移動が終わったかを確認した時点で、クリーンインストールして環境を再構築するしかなさそうである。
 ケースファンはオークションで中古をゲットし、到着待ちである。現在は起動時に必ずファンが動いていない旨が表示されるが、F1キーを押せば起動する。排熱ができないので、ケースのサイドパネルを外したままで利用しているが、とくにPC本体が熱くはなっていない。自作用マザーボードは1万円程度で入手できるので、とりあえず確保しておけば、次のトラブル発生時に利用できる。今なら新品が流通しているが、四年以上前に発売されたものなので、機を逃すと中古しか手に入らなくなる。
 これまで、自作機のマザーボードが故障し、起動できなくなったことが二度あったが、同じ製品の中古を入手し対処した。元通りに起動したが、今回はメーカー製である。同機のマザーボードもオークションで流通しているが、二万円程度するし、これもいつまであるわけではない。同じPCそのものは五万円から八万円台で中古が流通してはいる。
 いずれにせよ異常があると慌ててしまい、逆に深みにはまることがある。今回ももう少し冷静に対処すれば、被害の程度は軽微であった気もする。SDDとHDDを正しくつないだが不具合があったので、間違えたと勘違いし、つなぎ先のSATAケーブルを逆にしてやってみたのが、問題であったと思う。いずれにせよ、Windows10は8.1までより格段に扱いずらい。それに対して当方のPCの知識は以前より少なくなっている

« 石田六郎左衛門尉に関する補足 | トップページ | PCの修復2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC修復困難:

« 石田六郎左衛門尉に関する補足 | トップページ | PCの修復2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ