koewokiku(HPへ)

« 異なる方向から考えてみる1 | トップページ | 異なる方向から考えてみる3 »

2018年8月25日 (土)

異なる方向から考えてみる2

 もともと、貞治三年に山名氏が幕府に復帰し、出雲国が京極氏の領国となった際や、明徳の乱後に、出雲国の反幕府方国人が山名氏領国へ移住し、布志名氏、塩冶氏などのように山名氏の重臣となったと考えていたが、その説では説明できない事態となった。
 そうした中で、後醍醐の隠岐脱出に重要な役割を果たし、出雲国人としてはいち早く船上山の倒幕方に参陣した土屋三郎宗重に関する系図が名和一族系図に含まれていた。宗重には「筒河三郎左衛門尉」、その父宗行には「土屋千原出雲権守」との注記があった。千原の場所も問題だが、「筒河」は希な地名であり、その場所を確定できるのではないかと、国土地理院地図と史料編纂所データベースを手がかりに考えた。その結果、丹後国筒河保(筒川庄とも表記)が宗重が獲得した所領だと確信した。全く知らなかったが筒河保にある宇良神社は浦島太郎伝説の発祥の地である。何より、筒河の地が湾を挟んで若狭守護に補任された布志名雅清が与えられた名田庄を臨む位置にあることに納得した。
 建武政権は三年で崩壊して南北朝の動乱が開始され、丹後国でもやはり室町幕府方が優勢であり、土屋氏はすぐに筒河保を失い、筒河保は領家・地頭を兼帯の幕府御料所になったにもかかわらずである。そこから、父宗行の千原も同様であり、且つ名和氏系図に長年の一族について苗字が記されているが、それも同様ではないかと思った。当初は伯耆国における名和氏一族の勢力圏が分かると思って検討したが、該当する地名はほとんどヒットしなかった。
 地名が同じならば良いというわけではない。他国にも同じ地名はあるのである。そこで国立歴史民俗博物館の庄園のデータベースも参考にして考えてみた。手がかりとしては、後醍醐が隠岐脱出に協力した人々に与えたのは幕府や北条氏関係者領であるという点と、関東御領・得宗領の中には室町幕府の御料所につながるものが多いとの指摘である。足利高氏・直義兄弟が与えられた所領はすべて北条氏一族領であった。一方、伯耆国の巨勢氏は、後醍醐からの感状と恩賞を与える綸旨を残しているが、与えられたのは但馬国の所領二ヶ所であった。ただし、その時点で誰の所領(跡)であったかは記されていない。但馬国は弘安八年の大田文が残っており、その時点の領主は確認できるが、それ以降に北条氏一族領や関係者(幕府・六波羅探題の職員)領となったものもあるであろう。

« 異なる方向から考えてみる1 | トップページ | 異なる方向から考えてみる3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異なる方向から考えてみる2:

« 異なる方向から考えてみる1 | トップページ | 異なる方向から考えてみる3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ