koewokiku(HPへ)

« 一四世紀中頃の日野氏1 | トップページ | 勲功の賞と苗字の地1 »

2018年7月30日 (月)

一四世紀中頃の日野氏2

 今回、土屋氏関連史料として国立公文書館(内閣文庫)所蔵の「名和系図、同一族系図」があることを教示いただいた。そこには土屋宗行とその子宗重・宗清のみを記した系図も収録されているが、同じく名和氏と関係する一族として日野氏の系図(部分)も収録されている。それによれば、名和氏の旗揚に参加した日野義行について、「日野太郎」「日野掃部左衛門尉」という注記が記されている。その子が又三郎義泰と五郎義重であり、義行については系図の「太郎」ではなく『伯耆巻』の「三郎」が正しいと思われるが、官職を持たなかった日野義行が建武政権下で「掃部左衛門尉」に補任され、それは室町幕府によっても認められたことがわかる。出雲土屋氏には名和氏との関係から南朝方となったものが多かったことを述べたが、日野義行は出雲国守護塩冶高貞とともに建武政権からの離脱を選択したのである。それがゆえに戦国期まで伯耆国内で勢力を維持することができた。
 一族系図には紀姓で伯耆国三能(米子市美吉)を支配する一族の系図が含まれている。平安末期の伯耆国では小鴨氏や日野氏と並んで大きな勢力を持っていた紀氏の一族であろう。名和氏との婚姻関係は確認できないが、内河右頼の娘が三能紀六郎為成の妻となっており、名和氏と三能氏をつなぐ役割を果たしている。
 興国四年(一三四三)六月一日には名和高重が鰐淵寺根本薬師堂造営料を寄進し、杵築木工助景春が鰐淵寺南院常行堂造営の願文を捧げていた。杵築氏は名和長年の一族であるとされたが、「杵築」を苗字としていたのは国造家と同じ「出雲朝臣(実際は宿祢)」であったためであることが系図から確認できた。その一族には田中氏もいた。
 景春は系図によると兄弟景国の子国正を養子にしているが、一方では正平七年正月一〇日には杵築大社領松木別所南北を鰐淵寺の讃岐律師御房頼源に譲っている(千家文書)。景国の女子には名和氏一族布施弥太郎通興の妻となった女性もいた。
 名和長年の嫡子義高も延元三年五月二二日に和泉国堺浦・石津の戦いで北畠顕家とともに討死し、その跡は弟基長と真弓(大中臣)顕任の娘の間に生まれた顕興が継承している。「真弓」という所領名は伯耆国内に確認できないので、本来は伯耆国外の武士であろう。但馬国の南端(生野銀山付近)にある真弓であろう。とりあえず、今回はここまでとする。

« 一四世紀中頃の日野氏1 | トップページ | 勲功の賞と苗字の地1 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

今回は、名和氏関連の記事なので興味深く読ませて頂きました。お役に立てたようで嬉しいです。
名和一族でなく、名和家臣の系図も有りますので参考のために紹介します。
[肥後文献叢書]3巻系図之四(国家図書館デジタル公開済み)に、名和家臣の源姓蜂須賀氏(一応名和氏と別族)の系図が二種類記されております。
前者は、清和源氏新田氏族として、後者は、摂津源氏の西宮神主の子孫とします。
前者より後者が信頼できそうですが、確実なのは、興国三年五月廿日の宣旨に見える。蜂須賀親家からです。
この蜂須賀(はちすが)氏は、以前読んだ本に伯耆日野郡江尾城主蜂塚(はちつか)氏の転化と記されてました。
とすると、この一族も日野氏と一緒に名和氏の家臣になったと考えられます。
何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一四世紀中頃の日野氏2:

« 一四世紀中頃の日野氏1 | トップページ | 勲功の賞と苗字の地1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ