koewokiku(HPへ)

« 連阿・兼直・是阿2 | トップページ | 藤原朝方と能盛 »

2018年6月16日 (土)

連阿・兼直・是阿3

 これが兼季の死と所領の配分により三隅・福屋・周布氏が独立した後の惣領兼時の時点では、益田郷とは別に東山道郷と北山道郷がみえる。開発の進展を踏まえて独立したと思われるが、前述のように山道郷から両郷が分かれたのではなく、両郷の領域は離れている。東山道郷は益田本郷から独立し、北山道郷は弥冨名から独立したと考えられる。そして兼長まで両郷は益田氏惣領がともに支配していたが、兼長の死にともなう所領配分により、東山道郷は惣領兼久に配分されたのに対して、北山道郷は弥冨名とともに兼長の後家阿忍領となった。
 北山道郷内宇地村は阿忍から孫である是阿に譲られた。同様に阿忍は北山道郷内大草、遠田を兼胤の子兼利(大草氏)と兼種(遠田氏)に分割して譲った。阿忍が道忍に譲った伊甘郷は悔返されたが、阿忍が置文を作成した正和五年二月には道忍の嫡子兼世と庶子兼方等の曾孫にも譲ったと思われる。これに対して東山道郷内波田村は惣領兼胤からその子兼国に譲られた。道忍が兼胤から譲られたのは東山道郷惣領地頭職であった。元亨二年に是阿領宇地村について益田氏惣領道忍が去渡状を発給したのは宇地村をめぐる対立があったからであろう。正応二年に阿忍が是阿に宇地村を譲ったと思われる。建武二年に道忍の後継者兼世が是阿の申請に任せて粉失状を発給しているのは益田氏惣領としての立場からであった。周布兼信が嫡子兼宗に周布郷惣領地頭職を譲った際にも、幕府から惣領道忍に対して文書や対立者の確認がなされている。
 丸毛氏に関する所領として丸毛別符、宇地村、安富郷があるが、その伝来の経緯はそれぞれ異なっていた。丸毛別符は兼忠以来の丸毛氏領であり(兼季→兼忠→兼信→兼直→兼幸)、宇地村は阿忍からの相伝(兼季→兼時→兼長→阿忍→是阿)、安富郷は幸寿から連阿を経由しての相伝であった(兼季→兼定→幸寿→連阿→兼幸)。是阿は兼胤の子で、兼幸の母であるが、宇地村は本来の相続者が是阿に先立ち死亡したため、孫兼里を養子として譲った。

« 連阿・兼直・是阿2 | トップページ | 藤原朝方と能盛 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連阿・兼直・是阿3:

« 連阿・兼直・是阿2 | トップページ | 藤原朝方と能盛 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ