koewokiku(HPへ)

« 鎌倉後期の杵築社遷宮新1 | トップページ | 鎌倉後期の杵築社遷宮新3 »

2018年5月26日 (土)

鎌倉後期の杵築社遷宮新2

 両国造家の関係は固定的ではなく、お互いの訴えを受けた守護次第で微妙に変化している。永徳元年四月二日には守護山名義幸が両国造家に対して、仮殿造営と遷宮が国造職をめぐる対立で遅れているとして、先ずは遷宮を終えた後に裁判の判断を行うことを伝えている。これをうけて北島資孝が元亨三年七月二五日の棟上等仮殿遷宮に関する記録を注進している。
 一五世紀初め頃に作成された杵築大社造営覚書(佐草家文書)は、宝治二年の遷宮までの記事には疑問点がみられるが、文永七年正月二日の本殿焼失以降の記事は他の史料と整合性がみられる。
 弘安一〇年に仮殿遷宮が行われたが、その仮殿が正安二年一〇月四日に焼失したことを記している。永仁末年に至るまで、正殿遷宮が模索されていたが、実際には国衙無沙汰により進んでいなかった。そうした中、正安二年閏七月五日にはそれまでの造営奉行に代えて、守護佐々木貞清と国衙の最有力在庁官人の末裔である朝山時綱と多祢頼茂を奉行に補任したとして国造に対して彼等と相共に造営の沙汰を行うことを命じている。それが仮殿が失われたことにより、造営が急がれることになり、正安三年一二月五日には幕府が神主に旧規に任せて造営を遂げるよう、具体的命令を出している。翌年四月一〇日には造営料として出雲国の反別三升米と材木を宛てて功を終えるように幕府が神主に命じている。
 その後、嘉元元年八月二二日には院宣と国宣を示して沙汰を行えとの知行国主西園寺公衡の命令が側近である前石見守安倍某により国造に伝えられたが、実際の造営は進んでいない。延慶元年一二月一〇日には幕府が、造営奉行である守護佐々木貞清の申状を受けて、造営記録を進覧するよう、国造に命じている。次いで正和元年五月二〇日には国造に造営について確認すべき点があるとして文書を携えて上洛することが命じられている。貞清の娘が前国造泰孝の後室となっていたが、その子(孝景)が幼少であるため、当座は異母兄の孝時が国造となっていた。同世代と思われる孝時と貞清の関係も微妙なところがあったのであろう。同時に延慶二年以降は国造と領家に復活した松殿兼嗣の雑掌との間の裁判も行われていた。

« 鎌倉後期の杵築社遷宮新1 | トップページ | 鎌倉後期の杵築社遷宮新3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉後期の杵築社遷宮新2:

« 鎌倉後期の杵築社遷宮新1 | トップページ | 鎌倉後期の杵築社遷宮新3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ