koewokiku(HPへ)

« 弁慶誕生伝説の背景3 | トップページ | 弁慶誕生伝説の背景5 »

2018年5月 7日 (月)

弁慶誕生伝説の背景4

 長海庄と幕府との関係については以上のとおりで、鎌倉初期には義経との関係を疑われ失脚した兵衞尉政綱がその管理に当たっていた可能性が高い。また、弁慶伝説との関係で言えば、弁慶の母と出身地とされる紀州熊野に対して、長海庄には中心的神社として本庄町に熊野神社がある。出雲国では、楯縫郡平田保も同様であるが、都市的空間で市場が立つ地域に熊野神社や恵比須社が勧請されている例が目立つ。島根郡内長田西郷(現在の川津)でも中世後期には熊野神社が確認できる。出雲国では杵築大社が一宮となる院政期以前には国府の南側にある意宇郡熊野大社が国内序列一位の神社であったが、中世にはその地位は大きく低下した。そうした中、熊野大社では新たに伊勢神宮と紀州熊野との結びつきを強めて存在感を高めようとしている。新たに入部した東国御家人が熊野神社(新宮)を勧請する例も多く見られる。守護佐々木氏の本拠地富田庄にも城下に熊野新宮が勧請され、その地は新宮谷と呼ばれるようになった。
 長海庄と弁慶伝説の関わりを考える上では枕木山の華蔵寺の存在も大きい。鎌倉後期に臨済宗寺院に変わるまでは天台宗寺院であった。出雲国最大の天台宗寺院鰐淵寺と伯耆国大山寺のほぼ中央に位置している。そうした中で弁慶が鐘を鰐淵寺まで運んだとか、弁慶がこの地で産まれたという伝承が生まれたのであろう。その時期とは義経の人気が高まった一五世紀はじめ以降であろう。なお、枕木町にも熊野神社はある。また、中世には枕木保が成立し、文永八年の地頭は東長田郷と同じく長田蔵人であった。当時任官するには多額の謝礼が必要だとされており、出雲国衙の在庁官人とはいえ、その経済力の強さがうかがわれる。
 最後に問題となるのが、弁慶が産まれたとされる地は長海本庄と新庄のいずれであろうか。これまでなんとなく、新庄町付近の南部が新庄で、本庄町付近の北部が本庄であろうと思ってきたが、その一方で、本庄町の北側にある清安寺曹洞宗清安寺は戦国期の文書には「長海新庄清安寺」と明記されており、単純な分割ではないようである。この地=新庄は尼子氏から隠岐氏に与えられていた。

« 弁慶誕生伝説の背景3 | トップページ | 弁慶誕生伝説の背景5 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁慶誕生伝説の背景4:

« 弁慶誕生伝説の背景3 | トップページ | 弁慶誕生伝説の背景5 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ