koewokiku(HPへ)

« 頼朝の下文二通の復元2 | トップページ | 松殿兼嗣の領家復帰とその後1 »

2018年4月29日 (日)

頼朝の下文二通の復元3

①頼朝(前右大将家)政所下文
前右大将家政所下 出雲国杵築大社神官等
 可早任領家前中納言家下文、以資忠為惣検校職事、
資忠依為相伝職、補任惣検校職畢、全不可有濫妨之状如件、以下、
  建久三年七月廿三日  案主藤井(花押)
令民部少丞藤原(花押)  知家事中原(花押)
別當前因幡守中原朝臣(花押)
 前下総守源朝臣
 散位中原朝臣
☆最後の二人は花押がないのが普通であり、このようにした。
②頼朝袖判下文
    (花押)
下 出雲国内蔵資忠
 出雲国杵築大社惣検校職事
件人依為重代相伝者、自領家被補彼職云々、可依領家下文全不可有濫妨之状如件、
  建久三年七月廿五日
☆内蔵資忠を重代相伝として領家藤原光隆が補任していることがわかり、国造家としては絶対残したくない史料であったが、歴史に造詣の深い佐草自清がその大半を写していたがため、真実に接近することができた。建武三年国造孝時申状はその意味で杵築社の歴史を解明する上で必要不可欠なものであり、これがなければ、史料を選別して残す側の歴史像の先に進むことはできなかった。内蔵資忠の父忠光は日野実光・資憲とその背後にいる崇徳上皇と結んで杵築社領の立券を行ったが、藤原清隆・光隆父子もまた崇徳の母待賢門院との深いつながりを持っていた。頼朝とその母の実家熱田大宮司家もまた、待賢門院ならびにその子上西門院と深いつながりがあった。
③領家藤原光隆下文
    (花押)
下 杵築大社神官等
 補任惣検校職事
  内蔵資忠
右人依為重代相伝者、所補任彼職也、御神事以下御年貢諸役可令勤仕之状、所仰如件、神官等宜承知、勿違失、以下、
 建久三年七月 日

« 頼朝の下文二通の復元2 | トップページ | 松殿兼嗣の領家復帰とその後1 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼朝の下文二通の復元3:

« 頼朝の下文二通の復元2 | トップページ | 松殿兼嗣の領家復帰とその後1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ