koewokiku(HPへ)

« 史料の保管元6 | トップページ | 正殿式と仮殿式2 »

2018年4月23日 (月)

正殿式と仮殿式1

 この問題については、山岸常人氏の論文を通じて松岡高弘・土田充義氏「出雲大社における仮殿造について」(①)を知った。そこでは仮殿造・正殿造という用語は承応二年(一六五三)が初見で、正殿式・仮殿式は寛文八年が初見だとし、中世にみられる正殿・仮殿とは意味が違うとされた。これをうけて井上寛司氏は「文献資料から見た宝治2年の杵築大社造営」(②、『出雲大社境内遺跡』)の中で、正殿を高さ8丈・六間四方との理解は近世に生まれたもので、それ以前には合致しないとされた。『懐橘談』では七丈以上を正殿造としているのが根拠であろうが、そうすると、戦国期末に主張された本殿の高さが「三二丈→一六丈→八丈→四丈五尺」との関係が問題となる。もとよりこの主張は事実ではないが、戦国末には存在した。それを記した「杵築大社旧記御遷宮次第」(③)は鰐淵寺が残したものだが、杵築大社と共有する情報(本来は大社側が作成したもの)を記している。過去の遷宮を記した部分は弘安四年三月日国造義孝申状(④)作成時にまとめられたものを追記したものである。
 ①はなお杵築大社文書の個々の内容がきちんと理解されていない時点の文献史学の成果に基づき書かれており、中世の「正殿造」「仮殿造」についての情報は混乱している。なにより、個々の仮殿造営と正殿造営がいつ行われたかについて、徹底的な史料批判が必要である。④は極めて政治的内容に満ちた史料であり、そこに記された情報は他の史料で確認することなしには使えないものである。
 仮殿造営に要する期間について、井上氏は②の中で、康治元年一一月の遷宮は顛倒から約1年半後、安元元年一一月の仮殿遷宮は顛倒の約三年後、嘉禄三年七月の仮殿遷宮は顛倒から1年半後と述べている。ただし、康治の遷宮は急な顛倒により仮の仮殿とでもいうべき竈殿を造営し、竈殿への遷宮と顛倒の実検を行った後に仮殿造営が開始されている。 
 天仁元年一一月九日の仮殿遷宮の場合は同年三月二三日の出雲守藤原顕頼による解状から始まり、一〇月三日にこれを許可する宣旨出され、八日から杣山に入り採木が始まっている。実質的造営は一月程度である。康治元年の遷宮の場合は、顛倒の実検使が保延七年一一月一九日帰府し、康治元年一〇月一四日に許可する宣旨が出され、一一月二一日に遷宮が行われている。この場合も実質的に造営に要した期間は一月程度である。

« 史料の保管元6 | トップページ | 正殿式と仮殿式2 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正殿式と仮殿式1:

« 史料の保管元6 | トップページ | 正殿式と仮殿式2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ