koewokiku(HPへ)

« 史料の保管元1 | トップページ | 史料の保管元3 »

2018年4月22日 (日)

史料の保管元2

 久安年間末に崇徳院領杵築社が成立すると、国衙の下から政所が完全に独立し、そのトップが神主(惣検校)であった。それが保元の乱で崇徳院が敗北して配流されたことで、庄園から公領に戻された。次いで国造兼忠と出雲国衙在庁官人が共同して、後白河院への再寄進が行われ、兼忠が神主に補任された。ただし、神主は年度毎に請文を提出した人々の中から領家藤原光隆が補任しており、国造が安定的に神主を確保していたわけではなく、他者が神主に補任されることは珍しくなかった。
 これに対して国造は出雲守が補任するもので、出雲宿祢一族の特定のグループが補任されていたが、兼忠が死亡すると、本来の惣領家である兼経が国造に補任された。国造頼兼の嫡子宗房が国造となったが一年で死亡し、その子兼家が幼少であったため、弟兼宗が国造となり、その跡も兼宗の嫡子兼忠が継承した。前述のように兼忠は初の国造兼神主となった。これに対して兼家の子と思われる兼経が国造補任を求め、兼忠の死後実現したのであろう。
 そうした中で出雲宿祢一族で出西郷開発の中心となった出雲宗孝が神主に補任された。次いで兼経が補任後一〇年で死亡すると、宗孝は国造の地位も手に入れ、兼忠以来二人目の国造兼神主となった。ただし、神主は領家が決定するものであり、元暦二年四月日宗孝譲状で惣検校職を嫡男孝房に譲っているが、これは後に作成されたものである。国造の地位にしても一族内に補任を求める人物がおり、相続できるものではなかった。
 鎌倉幕府の成立は平家方の武士が少なからずいた出雲国に大きな影響を与えた。一の谷合戦に参陣した関係者は庄司・郷司・在庁官人の地位を失い、その一族が継承を認められた場合もあったが、庄司・郷司跡に東国御家人が地頭に補任される場合もあった。そうした中、頼朝は自らが伊豆に配流された時期に大功のあった内蔵資忠を杵築社神主に推薦し、領家藤原光隆は国造孝房に代えて資忠を神主に補任した。戦乱の時代が終わり、杵築社正殿造営が本格化するこの時期に幕府の支持を背景とする資忠が補任されたのである。内蔵氏は隠岐国衙と出雲国衙に忠光以来の勢力を維持していたと思われる。頼朝と光隆はいずれも待賢門院(崇徳・後白河・上西門院)系と深いつながりを持っており、それが頼朝の要望に光隆が応じた原因であった。一方では、出雲国知行国主藤原朝方の目代として東国御家人兵衞尉政綱が補任されているのも同様の背景を持っていた。造営は神主資忠と目代政綱が協力する形で進行していた。

 

« 史料の保管元1 | トップページ | 史料の保管元3 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史料の保管元2:

« 史料の保管元1 | トップページ | 史料の保管元3 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ