koewokiku(HPへ)

« 来海庄と大原庄の庄園領主2 | トップページ | 吉田家領薗山庄2 »

2018年3月21日 (水)

吉田家領薗山庄1

 出雲国薗山(神西)庄は吉田経房の所領であり、庄官への補任の仲介を頼まれた源頼朝が、経房への推薦状を書いたことでも知られている(『吾妻鏡』)。頼朝(一一四七年生)と経房(一一四二年生)の関係は両者ともに一〇代の頃、上西門院に仕えていたことがあった。そのため、薗山庄についても上西門院の母待賢門院領であり、上西門院から経房が領家職を与えられたと思い込んでいた。
 しかし、建長二年(一二五〇)六月二日付の経房嫡孫資経の処分状をみると、それが誤りであったことがわかる。経房の嫡子は定経であったが、参議に続いて従三位に除せられた正治元年に出家してしまい、これに怒った経房は嫡孫資経を自らの養子として後継者とした。定経には弟時経がいたが、系図には不孝逐電とある。また資経にも異母弟経賢(経兼)がおり、父定経の遺領をめぐり対立があったとされるが、経房領の主要部分は資経が譲られたとみてよかろう。
 その資経の処分状には庄園として①薗山庄以外に、②最勝光院領近江国湯次庄、③新熊野領摂津国小林上庄、④安嘉門院領安芸国能美庄、⑤同領常陸国信太庄、⑥宣陽門院領伯耆国宇多川東庄、⑦法性寺殿御領伊勢国和田庄、⑧延勝寺領筑前国穂並庄がみえるが、②③⑥⑦⑧はいずれも後白河領であり、④⑤は資経の代に所労に対して安嘉門院から与えられたものである。資経が祖父経房から譲られた所領の多くは後白河院から領家職を与えられたものである。これに対して薗山庄のみは本家が記されておらず、経房が寄進を受けて本家・領家の立場にあった吉田氏の本領というべきものであった。承久の乱では出雲国神西庄司太郎が東国御家人渋谷又太郎に討ち取られており、この結果、新恩地頭として古庄氏と海瀬氏が補任され、入部した。

« 来海庄と大原庄の庄園領主2 | トップページ | 吉田家領薗山庄2 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田家領薗山庄1:

« 来海庄と大原庄の庄園領主2 | トップページ | 吉田家領薗山庄2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ