koewokiku(HPへ)

« 神西新庄地頭古庄氏について | トップページ | 正嘉二年郷司某下文2 »

2018年1月26日 (金)

正嘉二年郷司某下文1

 この史料は扱いに苦慮させられる。平浜八幡宮惣検校青木家に伝わった文書であるが、青木家文書の室町期以前のものは写である可能性が高い。ただし本来存在したものである可能性も高いのである。この文書は郷司左衞門尉某が平浜八幡宮=八幡庄の代官職に「散位惣検校」を補任している。惣検校の名前が無いのはありえないので、写す際に何らかの事情でカットされたと思われる。また承元年間には竹矢郷司は竹矢郷地頭に変えられていた可能性が高いが、国司庁宣を受けたがゆえに「郷司」と記したのであろうか。
 平浜八幡宮は文永八年には出雲国守護佐々木泰清が地頭であり、守護領となっていた。佐々木氏の補任は承久の乱後の佐々木義清であろうと思われていたが、それを否定するものである。建永元年八月日預所某下文により当時の八幡庄下司として秀信がおり、その秀信の訴えにより惣検校高義は説明のため上洛した。ところがその留守の間に秀信が刈田狼藉を働いたため、預所が惣検校高義に早速八幡庄に還住して先例に任せて収納を行うとともに、元の如く神事を勤仕すること、さらには解決した後に再度上洛して子細を言上するように命じている。
 鎌倉初期の八幡庄では下司が所領の管理を行い、惣検校が神事や祭礼を行っていた。非法を働いた秀信は解任されたであろうが、後任が補任されたはずである。これに対して正嘉二年の時点では郷司が国司庁宣を施行して八幡庄代官職に惣検校が補任されている。平浜八幡宮は竹矢郷の一角に石清水八幡宮の別宮が勧請されて成立しており、郷司とは竹矢郷司であろう。別宮が勧請された公領の多くは勝部宿祢一族が郷司であった。朝山郷内には新松別宮、塩冶郷内には大田別宮、建長年間には勝部宿祢一族の惣領であることが確認できる大原郡系の本領であった佐世郷内には白上別宮という状況である。してみると、正嘉二年の竹矢郷司は鎌倉初期の勝部宿祢惣領助盛の後継者ではないか。
 『源平盛衰記』には元暦元年二月の一の谷合戦に出雲国から平家方として参陣したものとして七名の武士が記されている。これ以外にもいたであろうが、出雲国衙の所在した意宇郡の関係者は確認できない。木次・三代という大原郡の関係者はみえても佐世氏はみえないのである。当時の出雲国知行国主藤原朝方は後白河院の側近であるが、源義仲滅亡後に、源頼朝と平宗盛の間に講和を成立させることには反対で、平家の討伐を主張していた。義仲滅亡前には義仲に平家討伐を期待していたと考えられる。摂関家領を平家が支配することで、平家による出雲国内の武士の組織化が進んだ結果が七名の武士の一の谷参陣であったが、その一方で知行国主は反平家であった。そのため、国衙近隣の武士と佐世氏は参陣しなかったのではないか。

« 神西新庄地頭古庄氏について | トップページ | 正嘉二年郷司某下文2 »

中世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正嘉二年郷司某下文1:

« 神西新庄地頭古庄氏について | トップページ | 正嘉二年郷司某下文2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ