koewokiku(HPへ)

« 新宮党討滅と多胡辰敬4 | トップページ | 多賀美作守隆長と左京亮元竜 »

2017年7月12日 (水)

七月の近況

 痛めた右膝についてはかなり改善したが、右足全体が腫れている原因がわからず、内科医から紹介状をもらい、総合病院で診察を受けた。いろいろな事があったが、最終的に、右膝を痛めて動かなくなった事と机に座ってパソコンで原稿を打ち込んでいたことから、リンパ浮腫になったとされた。
 室内での運動過多で膝に水がたまり、その状態で小走りに道路を横断しようとして右膝の筋を痛め、ついでリンパ浮腫になった。本来は家で立ちっぱなしで料理することが多い女性にみられる症状であったが、近年はデスクワークの時間が長すぎる男性にもみられ、そうならないための圧迫タイプの靴下も販売されている。とりあえず、ふくらはぎのサポーター、右足を圧迫するための包帯、専用の靴下、ももを圧迫するサポーターなどを購入して使用している。
 「悪貨が‥‥」で某首相一派ASKと「少数派」の共通性について述べたが、問題なのは「少数派」が主導権を握り「少数派」でなくなっていることである。マスコミにはニセ知識人が度々登場し、根拠のない意見を恥ずかしげも無く堂々と述べている。まるでそれが自分の役目であるかのように。そういった偽者が発した言葉(例えば「対案を出せ」)が、同様に愚かな人々によって、その良し悪しも検討せず、錦の御旗のように使われている。嘘も繰り返し聞いているとそれが嘘であることがわからなくなるという「大本営発表」の悪夢が再現しているかのようである。
 たまたま「激論クロスファイア」(田原総一郎)で高橋洋一と郷原信郎の議論が行われた事を七月十二日になり知って視聴したが、それについて支離滅裂なコメントを載せているブログがあり驚いた。支離滅裂な背景には答えを出す情報を得るために視聴するのではなく、自分のVSOP(Very Special One Pattern)な考えをただ述べるという某首相、某大統領と同根の姿勢がある。「あんなバカでも首相、大統領になれる」ということで自信を持っているのだろうか。ただし某首相はどうしようもない「バカ」であるが(日本の権力者がバカであることを国民に周知するのがマスコミの役目とのコメントもあったが、そんなことは誰でも知っている自明のこと)。某大統領は「バカ」ではないかもしれないが、そうとうゆがんだ意見の持ち主である(某首相の母方の祖父に近い?某首相は男系の血が濃いとするのだが)。「自己弁護」に終始するという愚者である点では二人は共通ではあるが。

« 新宮党討滅と多胡辰敬4 | トップページ | 多賀美作守隆長と左京亮元竜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七月の近況:

« 新宮党討滅と多胡辰敬4 | トップページ | 多賀美作守隆長と左京亮元竜 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ