koewokiku(HPへ)

« 北島家譜 | トップページ | 新たな機種を購入する前に »

2015年7月20日 (月)

ラグビーWC2019の会場

 新国立競技場の建設計画見直しで影響を受けるラグビーWC2019であるが、必ずしもマイナスではないとの意見を読んだ。陸上競技場はラグビー、さらにはサッカーの試合には適さない面もあるというのである。確かにラグビーの国際試合(昨日も南半球四ヵ国対抗の2試合を仕事をしながら観戦した)は専用の会場で行っており、陸上競技のトラックは観客席とのグランドの距離を大きくして、臨場感を小さくする。オリンピックを契機に主会場が新設されることが多いが、終了後は改修をしてトラックを撤去しているケースも多い。そしてトラックを残している競技場は稼働率が大変低いというのである。
 一方、サッカーのヴィッセル神戸が本拠地の移転を考えているとの記事も読んだ。こちらは専用球技場ではあり、ラグビーWC2019でも使用されるが、開閉式のスタジアムであるがため、天然芝の生育が良くなく、芝生の状態が良くないことが神戸の持ち味を奪っているというのである。以前から指摘されてきたが、一向に改善されていないという。
 サッカー協会は将来のラグビーWC再誘致のため、国立競技場の定員を8万人にしてほしいとの要望を出している。これはサッカーWCの主会場の現時点の条件が定員8万人以上であるためであるが、長期的に考えれば、定員8万人以上のサッカー専用スタジアム建設を目指すべきではないか。先立つものも必要だが、イギリス・フランスやオーストラリアでも同規模の専用の球技場があるのである。新国立競技場についても、その基本設計(オリンピック後の利用を含む)が最大の問題ではないか。
 現在、日本の競技場で定員が最多なのは、横浜国際総合競技場(72327人)であるが、ここもトラックを併設している。球技専用スタジアムでは定員63700人の埼玉スタジアム2002が最大で、新国立競技場に代わってここがWCの会場に加えられる可能性が高いそうだ。会場の定員の減少により、収入減が予想されているが、実際にラグビーを観戦する会場としては、より良いのではないか。サッカーの国際試合も旧国立競技場や横浜国際総合競技場よりも、この埼玉スタジアムでの開催が多いとのこと。
 ということで、基本構想を含めて新国立競技場は再検討が必要であるし、サッカー界もクリヤーすべき財源や観客動員の問題はあるが、専用の競技場の建設を検討すべきであろう。女子WCでもそうだが、日本では純粋にスポーツの質の高い試合ではなく、国威発揚の場として国際大会がその場限りの関心の対象となっている。普段はサッカーの試合を見てもいない人に限って、国際大会の成績に文句を言うのである。同様に沖縄に関心のない人に限って、領土問題で沖縄に不満を漏らしている。テニスの錦織選手も、ウィンブルドンで負傷リタイアしたが、たまたま女子WCがあったので、そう批判はされなかったが、これがなければどうであったろうか。このような人々の意識を変える必要もある。

« 北島家譜 | トップページ | 新たな機種を購入する前に »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーWC2019の会場:

« 北島家譜 | トップページ | 新たな機種を購入する前に »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ