koewokiku(HPへ)

« HPの引っ越し | トップページ | Optiplex9020 »

2015年2月28日 (土)

4Kモニター導入

 4Kモニターが予定通り2月24日に到着したので、早速、3770T機のRadeon7770のDisplayportと4Kモニターの同ポートを接続したところ、そのまま3840×2160(DP4K60)で表示された。これ以前に購入した人の例では、正しくセッティングする必要性が説かれていたが、まったく不要であった。
 23.8インチでは、いくらなんでも文字が小さすぎるとして、27インチのものを購入した。こちらでも文字は小さいが、なんとか見えないことはない。フォントの設定を小から中へと変更すればよいとの意見もあったが、そうすると同時に接続するFHD(1K)のモニターの文字が大きくなるので、小で利用することとした。但し、表示の文字が細くて見え難いので、ネット上の情報にならいMAC TYPEで表示することにした。これで自分自身がみるのはみやすくなった。また、とりあえず明るさとコントラストを標準の70から50に落として使っている。
  Radeon7770のDVIポートにWQHDモニターを接続すると同時に3台との接続が何の問題も無くできる。Radeon7770そのもののビデオメモリは1Gのみだが、PCのメモリーで代用しているのだろうか。①FHD=Sharp LC-26P、②WQHD=asus PB278Qにこの③DELL P2715Qの組み合わせであるが、画面の白さ=目への優しさでは、シャープアクオスであろう。購入して7年になるが、よく使うようになったのはここ3年なので、まったく快調である。ただし、消費電力は大きそうである。②と③は消費電力が少なく、③は拡大表示にしないと使えない(MAC TYPEにすれば100%でもOKなので、拡大はやめた)ので視認性でも互角というところか。とはいえ、3台を同時に使う必要性は低そうである。②はDisplayportを持つノートとつなぎ、④RDT21IHはDisplayportのないノートにつないで使用する。④にはHDMI端子がないが、DVI-HDMI変換プラグと、USB接続のビデオ表示アダプターを使えば、問題なく接続できる。とはいえ、①と③を接続すると、③が優先され①からは音がでなくなる。③にはスピーカーがないので、アナログ出力ポートとスピーカーをつながないと音はでない。あるブログではフリッカーフリーであるとあったが、DELLの簡単なマニュアルには表記無し。ただ、みやすいのは慥か。)

« HPの引っ越し | トップページ | Optiplex9020 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4Kモニター導入:

« HPの引っ越し | トップページ | Optiplex9020 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ