koewokiku(HPへ)

« 鎌倉時代の佐世氏(1) | トップページ | 三刀屋氏と来海庄 »

2015年1月22日 (木)

Windows10

 Windows10へのアップグレードが告知された。7以降なら10発売から1年間に限り、無償でアップグレードできるという。8.1へも無償でアップグレードできたが、8の問題点を十分克服できず、今回の発表となったのだろう。新製品にインストールする10で当座の利益は確保し、続いて10にアップグレードした人々が、やはり10の機能をフルに活用するなら、あるいは10を入れたが動作が重いとして、新たなPCに乗り換えることを意図しているのだろう。
 問題はアップグレードする側の環境である。現在8.1で問題がなければ、当座の10の使用に支障はないであろう。問題は7である。数多くのPCを所有し、イスラエルはハィファ産のペンティアムM以降なら、XPでの使用はOK(但しインターネットをしなければ)。7での使用もできないことはない。ところが、7ではOKでも8ではどうかと思われたPCがあったのもたしかであった。一応GM965系まではVISTAで止め、7は945?系以降としたが(一台のみペンティアムMあり)、8となると、Core2 duoでは動作が重い感じがした。一台はインストールしたが、すぐに7に戻した。もう1台は入れたままにしている。
 もう一つの問題が、当座は問題がなくても、10の更新ファイルが次々と出される中で、古いPCほど、問題が発生する可能性が高い。ということで、とりあえずは8.1で問題のないPCを10にアップグレードして、その次が、Core i系以降のPCであろうか。マック2台(Pro17とAir)については、ブートキャンプの関係もあって現在は7であるが、情報を集めて問題がなさそうなら、アップグレード。次いで、Core i系のWindow7のPCか。それでも、ここまですれば、PCの台数は二桁を越えそう。デュアルブートが容易にできれば、前のOSを残しつつ実験できるのでよいが、上書きのみだと、二の足を踏んでしまう。
 気づかないうちに、アクセスは13万台に乗ったようだが、前にも述べたように、プロバイダーを近々変えるため、HPとブログの引っ越しについても考えなければならない。手間暇をかけずにできればよいが。

« 鎌倉時代の佐世氏(1) | トップページ | 三刀屋氏と来海庄 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows10:

« 鎌倉時代の佐世氏(1) | トップページ | 三刀屋氏と来海庄 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ