koewokiku(HPへ)

« 出雲大社領立券をめぐる人々 | トップページ | 国造宗孝と出雲大社領(1) »

2014年12月25日 (木)

IPS液晶ノート

 行きがかり上で、Dell Latitude7440を入手した。OS、キーボードとも英語版である。今のところ、リターンキーの形状の違いにとまどっており、ミスタッチも多い。特徴としてはビジネス機でありながらUltrabookであることか。光学ドライブがなく、重量は1.6kgと軽い。以前、Windows7のファミリーパッケージのUS版を入手し日本語化したが、この時とは勝手が違う。OSのインストールから行うか、すでにインストールしてあるのを日本語化するかの違いだが、Pro以下のバージョンだと日本語化には課題があるようだ。とりあえず、ネットで調べて9割方日本語化が実現できた(その後完全に日本語化)。
 液晶は14インチだが、FHDでIPS液晶である。視野角は広い。ただ、英語キーボードであるだけでなく、薄さを追求したため、キーのストロークが小さく物足りない。力を入れずに入力できるのは良いが、やや物足りない。これ以上に薄いマックブックエアーの方が良いか。もう少しなれれば印象もかなり良くなると思われるが、現時点ではLatitude6320や6230の方がよい印象。まだ分解はしていないが、Ultrabookでありながらバッテリーの交換ができるのは好都合である。
 オークションで4万円台前半で入手できたのはラッキーであったが、すべては使ってなんぼの世界である。同じオークションでは、14インチのLatitude5440もあり、こちらは3万円台後半で落札されていた。光学ドライブの有無と液晶の違い(HDとIPSでFHD)、さらには筐体の薄さが一番の違いか。メモリー8GとSSD搭載も違うが、CPUは同一で、どれぐらいの価格差が適切かは不明である。液晶のコストも近年ではかなり下がっている。
 これもいきがかり上だが、インターネットを業者に言われるままに、メガエッグに変えることにした。これに伴い、ブログとHPの変更の準備をしなければならない。現在のニフティはメールの継続ぐらいはできそうだが、プロバイダーとしては選択できなさそうだが、どうであろうか。ニフティはHPとブログが別料金なしにできるという点で好都合だったのだがと、今は後悔しているが、何か考えなければならない。

« 出雲大社領立券をめぐる人々 | トップページ | 国造宗孝と出雲大社領(1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IPS液晶ノート:

« 出雲大社領立券をめぐる人々 | トップページ | 国造宗孝と出雲大社領(1) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ