koewokiku(HPへ)

« 科学的~事実への接近(2) | トップページ | SSDへの換装(2) »

2013年10月21日 (月)

SSDへの換装(1)

 これについては過去一度試みたことがあったが、その時購入したOCZの製品は地雷としかいうことのできないもので(それ以前に購入したUSBメモリーは何の問題もなくよかった)、ファームウェアのアップもしたが全く使い物にならなかった。
 正確に言えば、購入して何の問題もなくOSやソフトをインストールできたが、3ヶ月ほどして、パソコンが起動しなくなったのである。そこでネット上で情報収集をしたところ、同様の事例は数多くあり、対応を試みたが、逆にとんでもない目にあった。USBを介してSSDを外付けでPC(これも機種により認識しないものもあった)につなぎ、フォーマットしたり、ファームウェアのアップをしたが、一時的にはよくてもすぐに認識しない、起動しないという状況が繰り返され、あげくの果ては、外付けにつないでいたPCそのもののファイルが破壊され、起動不能となり、PCのフォーマットと再インストールを余儀なくされたのである。起動ドライブには無理でもデータ保存ドライブでもと考えたがだめであった。
 今回はオークションで4万半ばで入手した(OSなし)デルのXPS14をSDDに換装した。XPS15へのOSのインストールで苦戦したことについてはすでに述べたが、XPS14もまた勉強させられた。光学ドライブが内蔵されていないので、外付けドライブを使用した。DVDから起動してファイルが読み込まれるまではよかったが、新規インストール先を選んだところで、次に進むとドライバーが組み込まれていないため「ドライブ」が表示されない状況となった。再度やっても同じで、困った。そこで今度はUSBメモリーからのインストールを試したがやはり同じ。
 ということで、バイオスの設定で、500GのHDDと32GのSSDを組み合わせて起動を速くするレイドの初期設定からSATAの設定に変更したところ、なぜかUSBメモリ-からのインストールができた。次いで、もう一つのSATAのネイティブモードである「AHCI」に変更した。

« 科学的~事実への接近(2) | トップページ | SSDへの換装(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSDへの換装(1):

« 科学的~事実への接近(2) | トップページ | SSDへの換装(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ