koewokiku(HPへ)

« 尼子氏研究の課題(10) | トップページ | 治承・寿永の乱と出雲国1 »

2013年6月30日 (日)

良きキーボードを求めて

 久しく更新していないが、PCに関しての最近の状況を述べておく。キーボードをいくつか購入した。コンパクトタイプが中心で、①サンワサプライ、②エレコムのものと、③東プレrealforce91Uを購入した。①②ともネットの評価の高いものを選んだ。両者ともメンブレン方式で、①は普通のキートップ、②はノート用の薄型キートップを使っている。ともにそこそこ良いが、なれれば①の方がキーのストロークがあっていかにも打鍵しているという実感があってよい。②も軽く入力できて悪くはないのだが。③については、クーラーマスターの赤軸をジャストショップで購入したが、今ひとつしっくりこなかったため、マジェスティックかリアルフォースがで悩んだが、黒色のキートップがすべるような感じで違和感があったので、白いキートップが選べる後者にした。最初はやや違和感があったが慣れつつあるところである。思ったより軽い打鍵感だ。10年ほどまえにジャストショップで購入した東プレの④MD0200はノートタイプのキートップを使っているが、これとは感じが異なる。④はスタンドを立てると打鍵感が弱くなるが(スタンドなしが良好)、③はほとんど影響を感じない。
 ④はPS2タイプであり、ポートがあるAMD機で使用。③はUSBマウスとともに、切り替え機でAMD(フェノムⅡ955)機とインテル(3770T)機の両方で使っている。デスクトップ用として⑤ロジクールのK270も購入してみたが、値段の割によいキーボードである。富士通の一体型の無線式キーボードとマウスがいまいちなので、ロジクールの無線マウスとともに使うこととした。
  最近は家でノートキーボードを使う機会が減ったが、外付けモニターにつないで画面を広く使えばそれなりに便利なので、USBをHDMIに変換するアダプターを購入した。ドライバーのCDが行方不明であるが、ネット上で容易に入手できた。これもジャストショップで購入したのだが、今日、近くのPC工房でもっと安く販売しており、びっくりした。価格コムの価格よりジャストの方が安かったのだが。ちなみに約3000円で、VGA接続とDVI接続のタイプはそれより各1000円、2000円高かった。生産量の問題か。とはいえ、当方はとりあえずRDT21HのDVI端子に、変換端子を介して接続している。
 OSもいよいよwindows8.1が登場し、windows7からの代替わりが進むであろう。当方ではVISTAをインストールしていたノートPCをwindows7にアップグレード中である。比較的新しい4年ほど前までのものはwindows8にするが、それより古いタイプ(VISTAインストールモデル、GM965タイプ)はwindows7にとどめておいた方が無難か。windows8はマルチモニターで使用した際に、メインだけでなくサブモニターにも画面下の部分にアプリのアイコンがあるのが良い。

« 尼子氏研究の課題(10) | トップページ | 治承・寿永の乱と出雲国1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良きキーボードを求めて:

« 尼子氏研究の課題(10) | トップページ | 治承・寿永の乱と出雲国1 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ