koewokiku(HPへ)

« 尼子氏の全盛期は晴久の時代? | トップページ | 佐草社地頭出浦氏について »

2012年12月16日 (日)

2012年12月16日

 投票率ダウンの中間状況が伝えられている。確かに「どこの政党・候補者に入れたらよいかわからない」・「どこに入れても変わらない」との声があるだろうが、後者については、投票に行くかどうかで結果が変わる可能性がある。とりあえずは、候補者一人ひとりで判断するしかない。政党についても消去法で選ぶしかない。
 自分自身もまだ投票に行っていないが、小選挙区と比例代表で投票先の政党が異なることは確実である。最高裁判官の国民審査については、違いがあまりわからなかったというのが実感。「行列のできる法律相談所」で明らかとなったように、考え方によって判決・判断が異なってくると思うのが、これまた司法の危機なのだろうか。
  前回の衆議院選挙では「有権者は寝ていて」と発言した政党が大敗した。1960年に「声なき声」という大嘘を言った政治家もいた。実際の政治は「大きな声」が反映され、「小さな声」は無視されてきたが、どんな小さな声であろうと、それが集まれば力とはなる。とはいえ、投票に際しては情報を集めることは絶対必要である。そうしないと、自己の投票の責任が不明確になる。とりあえずは投票に行き、自分が選んだ理由をしっかり憶えておくことこと。これが次回につながる。このブログの趣旨についてはHPの中で述べている。「声なき声」の英訳では「多数の声」とあったが、それを「真実なのに少数の声」を聴くとした。
 小選挙区制が現在の日本人?に合わない制度であることは確かだが、その理由についてテレビで日本人は黒か白かはっきりさせることが苦手であると述べていた人がいた。それならば、ここ2回のような一方的結果にはならないと思う。趣旨は中選挙区で同じ政党から複数の候補が立てばよいとのことであろうが、実際に複数候補を擁立できる政党は限られている。前々回と前回に大勝した政党に投票した人はその判断根拠の検証が求められる。一方、固定票としていつも同じ政党に入れている人も考えなければならない。となるとやはり日本に住む人のほとんどは考え方を根底から変える必要がある。現在は、それほどの危機的状況なのである。

« 尼子氏の全盛期は晴久の時代? | トップページ | 佐草社地頭出浦氏について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年12月16日:

« 尼子氏の全盛期は晴久の時代? | トップページ | 佐草社地頭出浦氏について »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ