koewokiku(HPへ)

« マックの水は甘いか? | トップページ | M6300のCPU換装 »

2012年6月24日 (日)

SU9600の使い道

 オークションでは14インチタイプをまたまた2台ゲットしてしまった。1台目はデルのprecision M2300で、液晶の表示に難があるとのことだったが、同型の液晶を持っているので8千円程度で入手した(グラフィックチップの問題だそうで、その場合は液晶を交換してもダメ)。HDDとメモリーもなかったので、同型機で使っていたHDDと対応メモリーを組み込んでみたが、電源は入っても起動しなかった。再度確認の上、やはり起動しなけれ、CPUなどの部品を活用しよう。搭載CPUのT9500は、単体で購入すると8千円はするものであるが。
 2台目もデルのLatitude E5400で、動作確認ができ外観もきれいとのことで入札し、1万1千円余で得た。以前も述べたが、どうしてもSU9600がきちんと動くPCが必要だった(正確には欲しかった)。E5500ではきちんと動作し、認識されたが、いかんせん筐体がでかすぎるのである。とろこが上位機種のE6400では最新バイオスでもCpuを認識しなかった。
 箱から出してみると、ヒンジの部分が不安定そう。よくみると液晶部分のベゼルがきちんと閉まらない。こうした点については事前にオークションで説明すべきことを出品者に伝えた。とりあえず左右両側ともテープで固定するとなんとかなった。家の中でのみの利用なら大丈夫か。起動して、ケーブルで繋いでインターネットの設定をしたが、なぜかすごく遅い。みると大変底部が熱くなっていた。そこで分解してみると冷却用ファンが回っていない。ファンを取り出してみると、かなりの埃がたまってファンが回転できなくなっていたので、埃りを取り除いたところ、難なく回転(全体的にはきれいであったが)。こうした点も出品者は確認すべきことも伝えた(とりあえず謝罪はあったが)。ところが一難去ってまた一難、こんどはXPの起動用のファイルが壊れており、修復せよと表示している。ファンもなぜか回転していないようであった(実際は一定温度以上で回転)ので、先に進めない。そこで、10wタイプのSU9600に換装して修復を行った。通常の35wタイプと異なりファン無しでも使えると思ったからであった。バイオスを更新してから換装しようと思っていたが、バイオスも新しそうであった。
 Cpuは認識され、なんとか修復を行い、次いでHDDの区画を2つに分けて、Windows7をインストールすることにした。バッテリは充電可能で、残り5時間半程度と表示された。これにM2300の液晶(高解像度で且つLEDタイプで省電力)に交換しようとしたが、チップセットが違うためか、ケーブルのソケットが違っていた。最初はトラブったと思ったが、とりあえず、当初の目的であるSU9600の換装には成功した。

« マックの水は甘いか? | トップページ | M6300のCPU換装 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SU9600の使い道:

« マックの水は甘いか? | トップページ | M6300のCPU換装 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ