koewokiku(HPへ)

« 格安のリターンとリスク(2) | トップページ | 大場と急場 »

2012年5月 3日 (木)

S8360 からS8370へ

 本ブログは題名からわかるように歴史を中心としているが、最近のアクセスはPC関係が多いようだ。lifebook s8370は965タイプの最終モデルで、オークションでHDD、液晶なしのものを入手(起動は確認済)し、手持ちのS8360のHDDと液晶を組み込み、メモリも512(256×2)から2G(1G×2)に交換した。目的はsu9600が問題なく使えないかというもので、本体を入手するもの勿体ない(1万円台後半)ので、試しに2千円台後半で入手した。
 このタイプの分解方法については十分把握していなかったが、今回確認できた。ネット上にも完全に分解したものはなく(HDD、CPUの交換は裏蓋を開ければ容易)なかなか難しそうと思っていたが、わかってみると案外容易であった。HDDをそのまま移植したが、OSとOFFICEの再アクティベーションは求められなかった。ただ、残念ながらsu9600は使用可能だが、s8360と同様起動時に警告が出た。BIOSも2ヶ月程度しか違わず、su9600発売前なのでいたしかたないか。モバイルのタイプなら対応しているが。s8350のジャンク(今のところ2000円台)を入手すれば、移植して抜け殻状態のs8360がよみがえるが、ゲットできるか。
 レノボのR61Eについても、R61のWSXGA+の液晶に交換できないかと思っていたが、丁度オークションで出品されていたのでこれも入手(7000円)。これまでも液晶だけなら出品されていたが、インバータ付きのものでないと、R61Eに移植しても大画面表示とはならない。これもいまさらR61本体を入手するのもばからしいので。このタイプは冷却ファンの異常がよくあるそうだが、分解・掃除すれば問題なさそう。ついでに無線LANカード(レノボ用でないと使用不可)も入手した(580円)。届いたところで組み込んでみよう。あまり使っていなかったR61Eも活躍が期待される。

« 格安のリターンとリスク(2) | トップページ | 大場と急場 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S8360 からS8370へ:

« 格安のリターンとリスク(2) | トップページ | 大場と急場 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ