koewokiku(HPへ)

« 尼子晴久の守護補任と寺社造営 | トップページ | 液晶・HDDの交換 »

2012年2月26日 (日)

タッピング無効

 FMVS8390を利用し始めて困ったことは、タッチパッドに触れるとカーソルが飛ぶ現象である。それではいつものように設定で「タップ」無効にしようと思うが、そんなタブはない。ドライバーがwindows7で、出しなのものなので、アルプス(この時点で確認した)の新しいドライバーに更新してみるが(この機種用はアップされていない)、やはりタブがない。ネットで同様の例を探したところ、レノボや東芝ではアルプスのドライバーの少し古いのを宛てて解決した例があったので、他社ドライバーも試した。ついでにデルのドライバーも。だが「タップ無効」のタブは現れず、このモデルはハードで対応してないような気がしてきた。
 一方では「そんな馬鹿な!、このPCは、知る人ぞ知る、入力のしやすいPCである。」「そのPCでタップが無効にならなければ、高速道路が大渋滞、それも永遠にということだ」と思うが、これまで使用したs8350や8360とくらべてストロークがやや大きい気はする。
 わらにもすがる感じで、一つ前でハードウェ的には同じはずのs8380のドライバーをみてみると、こちらはシナプスのドライバーとなっていた。タッチパッドはハードが変更されたようである。また、「アルプス シナプス」(実際はアルファベッド)で検索すると、奇特な(?)人がおり、アルプスのタッチパッドにシナプスのドライバーを入れるという無茶なことをしており、結果は、細かな機能以外は問題なく使用できるとの報告であった。
 となれば残るは、s8380用(windows7)のシナプスドライバーを入れるしかないということで、実行した。すると、他社用のアルプス用ドライバーを入れた際には再起動時に文句が出たが、何の警告もない。そして設定をみると、タップを有効にするところがあり、チェックを外したところ、見事にタップが無効になり、深刻な問題は解消した。とはいえ、この問題で3時間もの時間を使ってしまったのは悔いが残る。
 あくまでも自己責任での対応となるが、このようにすれば、s8390の使用環境は快適なものとなる。最後の確認ということで、PCWIZARD2012で確認すると、さっきまでは「アルプス」であったのが、いつのまにか「シナプス」に変わっている。ハードの差はほとんどなく、ドライバー次第なのだろうか。
 念には念をということで、添付されたドラーバーDISKの中身をみてみると、なんとXP、VISTA、7ともにシナプスのドライバーではないか。このPCは最近オークションで手に入れ、最初に使用した際には何の問題もなかった気がするのだが、7のSP1を含め最新の状態にアップした中で、アルプスに変わってしまったのだろうか。最後にとんでもない落ちがついた。ちなみにDELLのE6400の方はアルプスであった。それでDELLも試したのだが。

« 尼子晴久の守護補任と寺社造営 | トップページ | 液晶・HDDの交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッピング無効:

« 尼子晴久の守護補任と寺社造営 | トップページ | 液晶・HDDの交換 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ