koewokiku(HPへ)

« 平安末期から鎌倉初期の出雲国武士団 | トップページ | 大社本願と神宮寺(1) »

2012年1月29日 (日)

ノートPCでのCPU換装(続)

 一両日中にアクセスは5万回を突破しそうである。昨年9月以来、久しぶりにHPを更新したが、ブログの50弱の記事をアップしたがなお、100以上が未登録なので、早急に対応したい。
 Latitude D630を終了2時間前にはじめて入札したら、そのまま落札してしまった。Precision M2300を保有しているが、部品の多くを共有している。違いは指紋認証の有無、ビデオボードと液晶、さらには天板ぐらいか。ビデオはチップセット965GMに内蔵するタイプで液晶はWXGAが標準だが、今回のものはNvideaの独立ボードにWXGA+の液晶。バッテリーの持ちがよいのは標準タイプでそちらが好都合であったが、1回での落札は難しいと思いつつ、入札してしまった。
 M2300にはさらに高機能のビデオボードが搭載され、液晶がノングレアでありながらグレアとの中間的なタイプで、M6300のものと同様であろうか。バッテリーの持ちは良くないが、せいぜい活用しよう。DellであるのでBIOSは最新のものに変更できた。これならSU9600を正常に認識するかもしれないが、バッテリーの持ちは短く、ちぐはぐな選択となった。
 バッテリーの持ち重視なら、Windows7をサポートしているGM45のタイプがよく、LifeBook S8390、s8380あたりが候補となるか。そうすれば、SL9600、SU9600を換装できる。ただ、S8360にT8100を搭載したノーマル液晶(13.3)のものは、やはりバッテリーの持ちはよくないようで、3時間~4時間程度であろうか。これに対して、S8350にL7500を搭載したものは液晶がLEDタイプ(14.1)で省電力なので5時間程度は持ちそう。
 以前も述べたが、一体型のK5270では、チップがGL40で、core2duoは動作しなかったが、LIFEBookは960GLでありながらcore2duoが動作した。以前ネットで検索した際にはCeleronタイプのチップセットは、独立タイプのビデオボードが搭載できないのが違いとあった。GL40でも1066で動作するはずである。ただ、FMVはbiosが提供されないのが難である。一体型でcore2duoが動作しなかったのはそのためであろう。ただし、ペンティアムデュアルコアなどは動作した。

« 平安末期から鎌倉初期の出雲国武士団 | トップページ | 大社本願と神宮寺(1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノートPCでのCPU換装(続):

« 平安末期から鎌倉初期の出雲国武士団 | トップページ | 大社本願と神宮寺(1) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ